税務署で「ID・パスワード方式」の登録手続きをしました 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

税務署で「ID・パスワード方式」の登録手続きをしました

こんにちは、中田たろうです。

先日、近所の税務署を訪ねました。
目的は、来年の確定申告で「ID・パスワード方式」でe-Taxを利用するための事前登録手続きのためです。

これまで、e-Taxで電子申告するには、ICカードリーダライタの使用が必須でした。
このICカードリーダライタは、実質的にはe-Tax以外の使途はないので、私は購入していません。

しかし、来年からは従来の方法に加えて、新しく「ID・パスワード方式」での申告ができるようになりました。
この方式では、ICカードリーダライタは不要です。
税務署の窓口で事前登録が必要なのですが、詳しくは下記を参照ください。

 (参考1)国税庁「平成 31 年1月から e-Tax の利用手続が より便利になります」
 https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/kojin_e-tax_riyou2.pdf

 (参考2)「ID・パスワード方式を利用するには、どうしたらよいですか。」
 http://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/kanbenka/13.htm

運転免許証など顔写真付きの本人確認書類を持参して、税務署の窓口で手続きを行います。 
銀行のように整理券を取得して、順番を待ち、「ID・パスワード方式」の手続きしたい旨を伝えると、手続き専用のノートパソコンが置いてあるカウンターを案内されました。
氏名、住所などの個人情報や登録するパスワードを自分で入力すると、最後に16桁の数字を印字したプリントを担当者から渡されました。
この数字が、申告のときに使用するIDになります。

本人確認、入力、プリントの受領まで、所要10分程度です。
平日の昼間に税務署へ行かなければならないのは、普通のサラリーマンにとっては難しいかもしれませんが、所轄の税務署でなくても、職場の最寄りの税務署など、どこの税務署でも手続きを受け付けるそうです。

今年の申告まで、私は手書きの申告書を郵送していましたが、来年は「ID・パスワード方式」でe-Taxを利用します。

関連記事

2018/12/12 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |