少しずつ図書館の利用をすすめています 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング

少しずつ図書館の利用をすすめています

こんにちは。中田たろうです。

半年前から、図書館で資産運用に関する書籍を借りて、読書しています。

 2017/02/16「図書館の利用者カードを新規作成」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-927.html

月1~2冊くらいで、読書のペースはあまり上がっていませんが、少しずつ、新しい知識を得ることができてきました。

古典的な良書をいくつか読み返しました。
新しい気づきは少ないですが、再確認が多かったと思います。

この1年くらいに、個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)に関する書籍がいくつか出版されていて、それらのいくつかも読みました。
制度や個別の金融機関の情報などが詳しくまとめられています。

私が強く興味を持ったのは、iDeCoでの受給時の税金についてです。
受給するときは、一時金として一括ででまとめて受け取るか、5年もしくは10年で年金として分割で受け取るか、両者を併用するかの三択で選ぶことになります。
税金でどれが有利かは、退職金の有無やその金額、勤続年数、公的年金の額やその受給開始年齢、リタイア後の国保の保険料など、多様な要素を考慮して総合的に判断することになります。

私がiDeCoでの受給を開始するのは、早くても10年以上も先のことです。
そのころには、税制、年金制度、日本の財政状況や金利水準などが、今とは大きく変化している可能性もあります。
今、受け取り時の詳細なシミュレーションをしても、あまり意味がないと思いますが、私の場合、iDeCoでの受給は、年金として分割での受け取りが、最も有利になる可能性が高そうなことが理解できました。

今のところ、私の老後における資産運用について、
1)公的年金は、できる限り、受給開始を繰り下げる
2)iDeCoは、年金で受け取り。できる限り、受給開始を繰り下げる
3)リタイア直後から年金受給開始までの生活費には、ETFの分配金や国内債券の利金と償還金を活用しつつ、それらが足りないときは退職金を切り崩していく
4)退職金の残高がなくなったときは、特定口座(源泉徴収あり)の資産を売却する
というイメージを持っています。
リタイアがもっと近くなったら、詳細な検討をします。

関連記事

2017/07/28 09:00 | 投資についての雑感COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |