保有しているETFの経費率を再確認 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング

保有しているETFの経費率を再確認

こんにちは。中田たろうです。

4月末に、バンガード社が米国ETF等の経費率改定のお知らせを発表しました。

 2017年バンガードETF™・米国籍投信経費率改定のお知らせ
 https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/articles/news-from-vanguard/new-expenseratio-2017.htm

上記を確認すると、私が保有しているバンガード社のETF4銘柄(VTI、VEA、VWO、VSS)のすべてで、経費率が下がっています。
サテライト的に少額を投資している「バンガード・スモール・キャップ・インデックス・ファンド」も、同じく下がりました。
バンガード社には大感謝です。

この改定によって、私が保有しているETFの経費率が加重平均でどうなったかを確認してみました。

 (表1)2017年5月の保有コスト
 銘 柄 (A)
エクスペンスレシオ
(年率)
(B)
ETFの
保有比率
(A)×(B)
国内株式13060.13%※14.91%0.0194%
米国株式VTI0.04%43.52%0.0162%
先進国株式
(除く米国)
VEA0.07%29.26%0.0205%
新興国株式VWO0.14%10.14%0.0142%
小型株式
(除く米国)
VSS0.13%5.10%0.0066%
加重平均0.0769%
 (※1306は信託報酬に「その他費用」を加えた実質コスト)

5銘柄の加重平均では、年率0.0769%になりました。
驚きの超低コストです。

私は外国株式クラスへの投資では、今後も米国ETFを使い続けます。
この数年で、低コストのインデックス投信が次々に登場して、どれを買えばいいか悩ましい状況でもありますが、毎月ドルコストで積み立てをしないのであれば、ネット証券のNISA口座で米国ETFを購入するのが、コスト的には最も有利だと思っています。

なお、VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF。先進国と新興国へ分散投資するETF)も、経費率が年率0.14%から0.11%へ改定されましたが、私のポートフォリオではこれを0.03パーセントポイント強も下回っています。

ちなみに、2年前のエントリで、その当時でのETFの保有コストを試算しています。

 2015/2/16「EFAからVEAへの乗り換えを検討」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-847.html

上記のエントリから、試算の表を引用します。

 (表2)2015年2月の保有コスト
 銘 柄 (A)
エクスペンスレシオ
(年率)
(B)
ETFの
保有比率
(A)×(B)
国内株式13060.14%13.43%0.0185%
米国株式VTI0.05%42.78%0.0214%
先進国株式
(除く日米)
EFA0.33%33.62%0.1109%
新興国株式VWO0.15%3.88%0.0058%
小型株式
(除く米国)
VSS0.20%5.63%0.0113%
韓国株式13130.36%0.66%0.0024%
加重平均0.1702%
 (1306と1313は、信託報酬に「その他費用」を加えた実質コスト)

昨年、先進国株式(除く米国)をEFAからVEAへ乗り換えたことが大きいのですが、0.1パーセントポイント近くも、保有コストを下げることができました。
100万円の0.1%で1千円、10年で1万円。
このコスト差は決して小さくありません。

関連記事

2017/05/22 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |