1年ぶりに外国株式クラスへの追加投資を実行 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
fc2ブログ

1年ぶりに外国株式クラスへの追加投資を実行

こんにちは。中田たろうです。

私はアセットアロケーションを重視した長期の資産運用を行っています。
生活防衛資金などの流動性資産を含むすべての資産の中で、株式クラス(国内外の合計)の目標比率は70%です。
実際の運用では、63~72%の範囲の中で柔軟にコントロールしています。

先週、アセットアロケーションを確認したところ、8月後半に国内外の株式相場が調整されたことにより、株式クラスの比率がこの範囲の下限を下回っていました。
とくに外国株式クラス、なかでも新興国株式が、目標比率をかなり下回っていました。
そこで、アセットアロケーションの臨時リバランスを行いました。
外国株式クラスへの追加投資は、昨年8月以来、1年ぶりです。

私は個人型確定拠出年金(401k)、NISA口座、特定口座、一般口座、4種類の口座で資産運用をしていますが、この1年間は外国株式クラスの商品を1円も買っていません。
さらにその1年前も、個人型401k以外の口座では1円も追加投資をしていません。
米国ETFの分配金も、3年近くは再投資しないで、米ドルMMFをずっと積み上げてきました。
株高、円安が続く相場をじっとながめながら、「相場が下落するまでは待とう」と思っていました。

今回は個人型401kでの追加投資を行いました。
個人型401kでの運用益はすべて非課税で、NISA口座のような非課税期間の制限はありません。
さまざまな税制の優遇があり、長期でじっくりと資産形成するためには、非常に優れた制度だと思っています。
加入資格のある方は、積極的に活用を検討してはいかがでしょうか。

私は個人型401kで、サラリーマンの個人型での上限である月額23,000円を拠出しています。
昨年9月以降の12か月間は、元本確保型の運用商品である1年満期の定期預金を積み立ててきました。
時期を見て、定期預金から株式インデックス投信へのスイッチングを行うつもりでいました。

先週、12か月分の拠出額(手数料控除後)を、定期預金からのスイッチングで新興国株式インデックス投信を購入しました。
そして、今年9月以降の拠出配分を、それまでの定期預金100%から、新興国株式インデックス投信100%へ変更する手続きも行いました。

個人型401kの口座には、定期預金の残高がゼロになりました。
今後、さらに株安になってアセットアロケーションの調整が必要になったときは、NISA口座を活用します。
米国ETFの分配金を米ドルMMFでプールしているので、これを使ってNISA口座で米国ETFを購入するつもりです。

本当の「バーゲンセール」は、もしかしたらまだまだ先かもしれません。
この2年くらい、株式クラスへの追加投資は最小限にして、ずっと流動性資産を積み増してきたので、手元に投資資金はたくさんあります。
一度にまとめて買いすぎないように、少しずつ、慎重に買い物をしようと思っています。
もっと株安になったら、いつ、どの口座で、何を買おうかと、あれこれと思案するのが今は楽しいです。
おこづかいをもらった小学生の気分に近いかもしれません。

ブログの更新も、書きたい記事のアイデアがいくつか浮かんでいます。
相場が軟調になると更新がおろそかになるブログがあったりしますが、私はそれとは正反対のようです。
私の場合、株価とブログ執筆意欲は、逆相関の関係かもしれません。

なお、前述のように、株式クラス(国内外の合計)の目標比率は70%で、実際は63~72%の範囲でコントロールしていますが、短期や中期のトレードで収益を上げるような投資行動は一切しません。
基本スタイルは、一度買ったらリタイアまで絶対に売らない「ストロングホールド」です。

株式は、成長と調整を繰り返しながら、超長期では右肩上がりで増えていくものでしょう。
私の資産運用では、ストロングホールドしている株式の長期での成長が、資産形成のエンジンを担っていると思っています。

追加投資は、「補助動力」のようなものでしょうか。
「メインエンジン」だけでは目標の高度へ到達できませんが、毎月の勤労収入の一部を適時追加投入することが、長期的な資産の成長をさらに大きくする役割を担います。

追加投資するときは買値にこだわるのではなく、保有資産比率を基準にして判断をします。
「相場を当てにいく投資」は、興味がありません。
「底値」で買うことも、とくに意識はしていません。
とはいえ、「高値のときは買わないで、値下がりしたときに追加投資することで、ささやかでもリターンの向上に役立てばラッキー」という程度には考えています。

私にとって投資は趣味でも仕事でもありませんが、ドルコスト平均法で積み立てるのが好きではないので、あえて手間をかけて手動で追加投資をしています。
株価が高いか安いか、その判断はそのときの私の主観でしかありません。
「そのうち株価が下がるだろう」と思っているうちに株価が右肩上がりで成長すると、投資機会を逃してリターンを削ってしまうこともありえます。
投資タイミングの巧拙で得られる超過リターンは、たかが知れているだろうということも分かっています。
このスタイルで投資していて、確実にリターンが得られるとは思っていません。

でも、今のスタイルが、私には居心地がいいのです。
自分の資産、生活、本業とのバランスをどう取るか、ていねいに向き合ってきた中で、自分のやり方を見つけることができた実感があります。

関連記事

2015/09/01 09:00 | 投資日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |