14年8月末の資産状況 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

14年8月末の資産状況

こんにちは、中田たろうです。

資産運用されているみなさんは、株高、円安で運用成績の好調な方が多いのではないでしょうか。
私のポートフォリオは先月末で過去最高のリターンに達し、流動性資産を含む運用総額は2年前の2倍になりました(運用で2倍になったのではなく、2年間の積み立て分も足して金額が2倍になったということです)。

相場が好調なときでも、私は「ストロングホールド」で売却はしません。
値上がりしたときは、余計な買い物をしません。
個人型401kなど最低限の積み立ては行いますが、ポートフォリオは基本的に「ほったらかし」です。
NISAの今年の投資枠が、まだ81万円残っていますが、無理に使いきる必要はないと思っています。
(インデックス投資やストロングホールドが唯一無二の投資法だというつもりもないですし、いろいろな投資法があることを私は否定しませんので、念のために書き添えます)

「ほったらかし」ではありますが、自分のアセットアロケーションが、過剰にリスクを取りすぎていないか、最低毎月1回はチェックを怠りません。
もしも株高で株式クラスの比率が目標のアセットアロケーションを上回っているのであれば、リバランスなどの調整が必要です。
相場が好調だからと言って、アセットアロケーションを変更して株式クラスの比率を高めるようなことはしません。

ちなみに、6年前のリーマン・ショックでは、私の株式クラスは買値の半分以下、リスク資産全体のトータルリターンはマイナス40%まで下落しました。
そのような絶望期でも、アセットアロケーションの変更も、リスク資産の売却もしませんでした。
当時は毎月20万円以上ほぼ全力で株式クラスの積み立て投資を行い、円高で大きな損失が出ていた外貨MMFやいくつかのアクティブファンドを売却してその資金でインデックスファンドを買い増すなど、ポートフォリオを目標値に近づける努力を続けました。

今年か、来年か、それ以降か、いつになるかはわかりませんが、株価の調整局面が必ずあるでしょうから、株式クラスの買い時を、気長に、のんびりと待ちます。
それまで、こつこつと投資資金を貯めていきます。

さて、8月末の資産状況を報告します。

 (表1)2014年8月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.0%-0.40円+0.5%-2.2%+17.1%
2海外株式54.6%+0.623,000円+4.0%+3.6%+54.1%
3国内債券9.4%-0.30円0.0%-0.1%+2.3%
4海外債券9.2%±00円+2.7%+4.7%+35.5%
5REIT1.9%±00円+2.8%+14.9%+88.3%
6純金積立2.8%±030,600円+0.2%+0.2%+22.6%
投資合計90.8%-0.153,600円+3.1%+2.7%+44.5%
7流動性資産9.2%+0.1
総計100%

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本19.2%13.0%
米国40.0%27%
日米以外の先進国30.5%20.6%
エマージング10.2%6.9%
合計100%67.6%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

1.国内株式
 ETF(1306) 60.3%
 EFAのうち国内部分 32.3%
 VSSのうち国内部分 3.8%
 日本株式インデックスe 3.6%(NISA口座)

アセットアロケーションの目標比率は14%で、現状は少し下回っています。
好機が来るまで、追加投資を見合わせています。


2.海外株式
 VTI 44.0%
 EFAのうち国内株式を除いた部分 30.0%
 VWO 4.5%
 VSSのうち国内株式を除いた部分 5.8%
 KODEX200(1313) 0.8%
 バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンド 1.3%
 EXE-i グローバル中小型株式ファンド 0.3%
 SMT新興国株式インデックス・オープン 4.0%
 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI 7.4%
 野村新興国株式インデックスファンド (確定拠出年金向け) 1.8%

アセットアロケーションの目標比率は56%で、現状はやや下回っています。
先月は個人型401kの口座で、先進国株式インデックス投信を購入しました。


3.国内債券
目標比率は7%です。
また、後述の理由で、外国債券クラスの一部比率を割り当てています。
すべて個人向け国債(変動10年)です。


4.海外債券
 米ドルゼロクーポン債 30.1%
 ユーロゼロクーポン債 31.6%
 米ドルMMF 23.3%
 ユーロMMF 14.4%
 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)1年決算型 0.6%

海外債券の目標比率は10%で、現状はやや下回っています。
ゼロクーポン債の税制改正が予定されているので(詳細はまだ未定)、ゼロクーポン債の追加購入には慎重になっています。
そこで、「国内債券クラスと合わせて比率17%」になればと考えています。

通貨別の比率では、米ドル:ユーロ=40:60~45:55くらいを目標にしています。
高金利通貨の外国債券は、手数料が高いので興味がありません。


5.REIT
目標比率は2%で、資産の中での比率は小さいですが、株式との分散効果をねらっています。
J-REITと海外REITが1:2の割合になるように調整しながら、eMAXISシリーズのファンドを「手動」で積み立てます。
株式クラスと同様に、好機まで追加投資は見合わせます。


6.純金積立
分散効果の期待と、「金融や経済に万一のことがあったときの保険」のつもりで投資しています。
目標比率は3%で、現状はやや下回っているので、毎月3万円を積み立て中です。

長期的には大きな収益が期待できる資産クラスではないので、「長期的な物価変動率に相当する程度のリターン」があれば十分だと考えています。
ちなみに、田中貴金属のG&Pプランナーを利用しています。


7.流動性資産
目標比率の8%よりも1.2パーセントポイントも高くなっているので、本来であればリスク資産の購入をすすめて比率を調整すべきタイミングですが、ポートフォリオのリスクが低い分には構わないだろうと思っています。

このクラスには、生活費、生活防衛資金、投資資金など、すべての預金とMRF、MMFが含まれています。
生活防衛資金は、2/3を定期預金、1/3をMMFにしています。
投資の待機資金は「SBIハイブリッド預金」、当座の生活費は普通預金に預けて、管理を区別しています。


私は「アセットアロケーションを目標比率に保ち、ポートフォリオのリスクを一定の範囲にコントロールすること」を、リスク資産への投資では最重視しています。
株高で比率が高くなったときは流動性資産を積み増して、株安で比率が下がったら投資資金をリスク資産へ投入します。
このスタイルを、リタイアまで継続します。

今後も毎月初めに、前月までの投資状況を整理して、ブログで報告していきたいと思っています。

関連記事

2014/09/10 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |