「リーマンショックから5年」で思うこと 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

「リーマンショックから5年」で思うこと

こんにちは、中田たろうです。

「100年に一度の危機」と言われたリーマンショックから、この9月で5年になりました。
当時は、私がインデックス投資を始めて1年と数か月のときでした。
あれよあれよと株安、円高がすすみ、保有資産は大きなマイナスを抱えてしまいました。
2009年1月末には、リターンがマイナス40%まで下落しました。

そのような状況の中でも、「落ちるナイフをつかむ」かのように、淡々と積み立て投資を行っていました。
相場の底がなかなか見えない状況で、どんどんマイナスが膨らんでいきましたが、「10年くらいたてば、きっとマイナスは挽回できるだろう」と、当時は楽観的に考えていました。

アセットアロケーションの目標比率を維持するために、値下がりしていく株式投信をどんどん買い増しました。
買っても買っても、ちっとも株式クラスの比率は元に戻りませんでしたが、とにかく積み立てをしました。

当時、購入したものは、今、2倍以上に値上がりしています。
結果として、5年後の今、トータルリターンはプラスに転じています。
自分の投資スタイルを守って「継続」したからこそ、今の結果につながったと思います。
もしもあのとき、追加投資をやめていたり、市場から退出していれば、未だに大きなマイナスを抱えたままでしょう。

ただし、私が資産形成世代で、リタイアまで20年以上もの時間的、精神的なゆとりがあったことは大きいでしょう。
リタイア世代やリタイア間近かであったならば、同じような投資行動を取れたかどうか、自信はありません。

今後も「○○ショック」による株価急落は、おそらく数年おきに繰り返されるでしょう。
あのリーマンショックを乗り越えることができたのだから、どんなことがあっても恐れるものはない、と今は思っています。
運用でリスクを取りすぎないように、アセットアロケーションで自分の目標比率を守って、リタイアまでコツコツと資産形成していきます。

関連記事

2013/09/21 09:00 | 投資についての雑感COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |