10年10月の1306へのリレー(1) 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

10年10月の1306へのリレー(1)

こんにちは。中田たろうです。

昨日、日銀が政策金利を0.0~0.1%へ引き下げる金融緩和策を決めました。
これにより、冬のボーナス時期の定期預金金利は、ほとんど期待できないであろうことがほぼ確定しました。

昨年12月から今年3月にかけて、いくつかの定期預金を1年満期で作ったのですが、数か月後にはそれらが満期を迎えます。
1年満期で更新するか、半年満期で様子を見るか、あるいは両方を組み合わせるか、その判断をしなければなりません。

さて、月曜日にCMAM日本株式インデックスeからETF(1306)へのリレーを実行しました。
当初の計画では、この日はCMAMを購入するつもりだったのですが、先週末は土日とも出勤して月曜日が休みだったので、自宅で確認しながらゆっくりとリレーの注文ができると思い、予定を変更しました。

CMAM日本株式インデックスeは当日の基準価額で約定するので、1306を同じ営業日の後場に引成で買付注文すれば、リレーを行ったときに資産の連続性をほぼ保つことができます。
注文の手順としては、以下のように行いました。

1.松井証券へETFの買付資金を事前に移動させておく
2.SBI証券でCMAM日本株式インデックスeの売却注文
3.松井証券で1306の買付注文

以下、これらの取引結果の詳細をメモしておきます。


1.松井証券へETFの買付資金を事前に移動させておく

松井証券の株式取引手数料は、約定代金10万円以下のとき21円です。
(ちなみに、SBI証券のアクティブプランでは、約定代金10万円以下の取引手数料は100円なので79円高い)
手数料の節約のために、1306の注文は約定代金が10万円以下になるようにします。
前営業日の1306の終値は842円で、10万円以下で購入できる口数の最大は110口になります。

ETFの買付注文は「引成」にするのですが、成行注文のときは、

 松井証券の口座の買付余力>当日の値幅上限×購入口数+約定代金50万円以下の場合1,050円(売買委託手数料としてを買付余力から拘束)

である必要があります。
10/4の場合、値幅上限は992円だったので、110口を購入する場合は、

 992円×110口+1,050円=110,170円

この金額以上の買付余力が必要です。
私は少し余裕を見て、12万円を松井証券の口座へ入金しておきました。


2.SBI証券でCMAM日本株式インデックスeの売却注文

当日の後場は、1306がおおむね835円前後で推移していました。
110口を購入するには、92,000円弱の資金が必要です。
そのうち、ルーチンの積み立て分として手持ち資金から25,000円を1306の購入資金へ上乗せする予定だったので、その差額分を
 835円×110口-25,000円=66,850円
と計算しました。
百の位以下を切り捨てて、CMAM日本株式インデックスeを金額指定で66,000円分の売却注文を行いました。


3.松井証券で1306の買付注文

後場に「引成」で110口、1306の現物買を注文、836円で約定しました。
取引手数料21円で、購入代金は91,981円でした。
つまり、CMAM日本株式インデックスeを66,000円分売却して、これに現金を25,981円を追加して、1306を110口購入したのが、今回の取引結果です。

今回のリレーによって、ETFの購入手数料として21円を支払いました。
CMAM日本株式インデックスeを10万円購入して1か月間保有すれば、信託報酬で約32円を支払うことになります。
2か月以上の保有期間ならば、購入手数料の往復分と1306の信託報酬を合わせても、CMAM日本株式インデックスeよりも1306のほうがコスト的には有利です。
私は一度買ったものを20年以上ホールドするので、コスト差はもっと大きくなります。

なお、CMAM日本株式インデックスeを売却したときに、1千円強の売却差損が生じました。
この売却差損は、来年の確定申告でETFの分配金と損益通算ができるので、税金面で不利が生じることはありません。
分配金との損益通算に使えるので、積み立てているインデックス投信に含み損があっても、リレー投資ではためらわずに売却したほうがよいと思っています。

CMAM日本株式インデックスeは、残りが56,217口(10/4の基準価額で評価額が48,021円)になりました。
今月は第3・第4月曜日に2.5万円ずつ、合計5万円を国内株式クラスへ投入予定なので、月内にもう1回、1306へのリレーができそうです。

関連記事

2010/10/06 09:00 | ETFへのリレーCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

改良型?

お久ぶりです。個人型401K関連のブログネタの提供です(↓)。岩手銀行・個人型確定拠出年金プラン!
http://www.iwatebank.co.jp/news/2010/1009/100930_kakutei-nenkin.pdf

琉球銀行へ商品提供している野村を使っているため、基本的な雛型は琉球銀行と同じですが改良点として、
1.外貨MMFは無し
2.新興国株&債券のインデックスファンド追加
3.国内&海外のREITが追加
となっています。但し年間手数料は琉球より、年当たり約300円ほど高くなっています。今回の岩手銀行、情報開示では進歩していますね(笑)。商品名、手数料等々、PDFで表示していますから平日、電話問合せはしなくて良い(汗)。個人型401K比較表に追加をお願いします!

ではでは

No:471 2010/10/08 03:00 | Werder Bremen #- URL [ 編集 ]

Re: 改良型?

> Werder Bremen 様

情報提供のコメントありがとうございます。
誰も注目していないような情報、どこからどうやって仕入れたのでしょうか?

例の一覧表を更新したものは、新しいエントリとして掲載したいと考えています。
今月はちょっと忙しいので、来月までしばらくお待ちください。

No:472 2010/10/12 19:43 | 中田たろう #- URL [ 編集 ]

メールも送ったはず?

確か、琉銀401Kの日経記事(PDF)を送ったメアド、H.S.さんですよね、そこにも野村の活動が活発化している情報を流したはず。読んでおいてください。ところで、野村年金サポート&サービス(NSAS)だけじゃなく、こちらへも要望書、送ってください(琉銀、営業統括部⇒)。 bor-eito@ryugin.co.jp  。NSASは下請けだから、元請けにも送ったほうが有効かもしれません。琉銀、営業統括部へメールを送ったところ返信メール(一部抜粋)が届きました、

最近の新聞報道からも、企業型の確定拠出年金の運用手段として中国やインドなどの新興国株式で・・・報道や、・・・野村年金サポート&サービス㈱の話からも、従来少なかった新興国向けのファンド(株式・債券)を商品ラインナップに加える動きが広まっていると聞いております。・・・新興国ファンドの商品組み入れについて前向きに検討いたしております。

野村(NSAS)側から琉銀側へもプッシュがあることが伺われます。今が好機です。皆でプッシュ(笑)。

ではでは

No:473 2010/10/12 20:35 | Werder Bremen #- URL [ 編集 ]

Re: メールも送ったはず?

> Werder Bremen 様

ブログで関係のある方へメアドを教えたことはないので、何か勘違いされていると思いますよ。
新興国ファンドについては、一般販売されているSTAMやeMAXISの方が信託報酬が低いので、あえて401kで投資する必要はないだろうと思っています。

No:474 2010/10/13 20:13 | 中田たろう #- URL [ 編集 ]

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |