REITファンドのSTAMからeMAXISへの乗り換えを検討 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
fc2ブログ

REITファンドのSTAMからeMAXISへの乗り換えを検討

こんにちは。中田たろうです。

三菱UFJ投信で「eMAXISファンド追加アンケート」を行っています。

https://qooker.jp/Q/ja/nextemaxis/em/

追加ファンドの候補としていくつかの選択肢がありますが、次の項目をぜひ追加していただきたいと思っています。

 「ファンドの追加は不要なので、既存のファンドの信託報酬を安くしてほしい」

この選択肢があれば、アンケートで1位になるかもしれないと思いますが、いかがでしょうか。
たとえば、「eMAXIS全世界株式が信託報酬0.63%で追加されるのと、eMAXIS先進国株式の信託報酬が年率0.63%から0.525%へ引き下げられるのと、どちらが嬉しいか」と質問されれば、多くのインデックス投資家は後者を選択するでしょう。
インデックス投資家のニーズは、「低コストで良質なファンドが欲しい」ということに収束すると思います。

ちなみに、三井住友AMの「外国株式指数ファンド」は信託報酬が年率0.525%なので、eMAXISも同水準にすることは決して不可能ではないでしょう。
ファンドの追加もいいですが、投資家のニーズを真正面から受け止めた取り組みをしていただきたいなあと思っています。

さて、先週、eMAXISシリーズの運用報告書が公開されたので、エントリにまとめました。

 2010/3/5「eMAXISシリーズの10年1月運用報告書」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-608.html

私は金融資産の2%を国内外のREITファンドへ投資しています。
現在はSTAMシリーズへ投資していますが、信託報酬の低いeMAXISシリーズが登場してからは「eMAXISの運用報告書を見て、REITファンドを乗り換えるかどうか判断したい」と思っていました。

 (表)STAMとeMAXISの保有コストの比較
 STAMシリーズ
2009年11月決算
eMAXISシリーズ
2010年1月決算
 信託報酬 
(年率)
実質的な
 保有コスト 
(年率)
 信託報酬 
(年率)
実質的な
 保有コスト 
(年率)
J-REIT0.672%0.773%0.420%0.420%
 先進国REIT 0.861%1.973%0.630%1.176%

前述のエントリから、REITファンドの保有コストを抜粋して再掲しました。
J-REITと海外REIT、それぞれで乗り換えるべきかどうか、検討してみます。

1.J-REIT
購入済みのファンドをSTAMから乗り換える場合、信託財産留保額が0.05%に加えて値上がり益がある場合は税金が引かれます。
J-REITは含み損の状態なので、今売却すれば税金が引かれることはありません。
つまり、乗り換え時に発生するコストは0.05%です。

それに対して、eMAXISへ乗り換えることによって、年率0.3%強も保有コストを節約できます。
このメリットは大きいでしょう。

私はeMAXISよりもさらに低コストな、新しいファンドが登場したときのことを懸念していました。
eMAXIS国内リートインデックスは信託財産留保額が0.3%でSTAMよりも高いので、もしも再び乗り換えるハメになったときに、コストのロスが大きいと思っていました。
しかし、eMAXISのその他コストが予想よりも低いので、eMAXISよりも低コストなJ-REITファンドが登場する可能性はかなり低い感じがします。
もしも登場したとしても、eMAXISとの差はかなり小さなものになることが予想できます。
保有コストでSTAMよりもeMAXISのほうが年率0.3%もアドバンテージがあるのであれば、上記のような懸念よりも、目先の保有コストを節約したほうが得策だと判断しました。

2.海外REIT
STAMとeMAXISの保有コストの差が、年率0.8%近くもあります。
これも速攻で乗り換えをするべきでしょう。

eMAXISの保有コストが年率1.176%で、これよりも低コストなファンドが登場する可能性は否定できませんが、今の時点では登場するアテはありませんし、将来のことはあまり心配しないで、サクッと乗り換えたいと思います。

ただし、少し前に話題になった「配当金への二重課税」については、海外REITも同様の問題を抱えていると思います。
一般的には株式よりもREITのほうがインカムゲインは大きくなると思うので、配当収益から現地源泉税を引かれる影響は、海外REITのほうが深刻かもしれません。
現地源泉税は、運用報告書でコストとして計上されないと思われますので、その影響を正確に把握することは難しいでしょう。
コストの観点から言えば、海外REITの投資信託は、資産運用のコアにするのは適当ではないのかもしれません。

ということで、国内外のREIT2ファンドは、すみやかにSTAMからeMAXISへの乗り換えを実行したいと思います。
4月にはREITクラスへ追加資金を投入するつもりなので、それと同時に乗り換えの注文をするつもりです。

関連記事

2010/03/13 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

はじめまして、こんにちは。
中田さんのブログは、いつも参考にさせて頂いております。

わたくしも、海外REITはeMAXISとSTAMの両方を保有しているので、両者の今後の取引についてはどうしようかと考えているところでした。
STAMからeMAXISへ、海外REITを完全に乗り換えようかと思います。

さて、わたくしのブログの記事でも、金融商品や資産運用に関する内容を時々エントリーしています。
もしよかったら、覗いてみてください☆
http://ameblo.jp/t-nabe0624/theme-10016443059.html

No:329 2010/03/17 05:00 | てぃーなべ #- URL [ 編集 ]

> てぃーなべ様

コメントありがとうございます。
STAMとeMAXISで同じアセットクラスの商品を持っていたりすると、追加購入分をどちらにするか、あるいは購入済のものをどうするか、判断が悩ましい場合もありますね。

No:330 2010/03/17 21:57 | 中田たろう #- URL [ 編集 ]

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |