総資産額が過去最高を更新 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

総資産額が過去最高を更新

こんにちは。中田たろうです。

水曜日のエントリで、7月末の資産状況を報告しました。
騰落率は月間で5.3%上昇しましたが、トータルリターンは依然としてマイナス20%以下です。
しかし、総資産額(リスク資産と流動性資産の合計)は過去最高を記録しました。

資産状況の集計を始めた07年8月以降、総資産額と騰落率が月ごとにどんな推移をしたか、グラフにまとめてみました。

graph200907.gif

「リーマンショック」直前の昨年8月が過去の最高額でしたが、先月の総資産額はこれを更新しました。
総資産額と騰落率は今年1月を底にして、右肩上がりで順調に上昇しています。

今年1月には騰落率がマイナス40%を下回りましたが、このときでも総資産額は2割も減っていません。
昨秋以降の底が見えないかのような暴落局面でも、愚直にドルコストで積み立て投資を継続してきたことが、資産の減少に歯止めをかけて、今年3月以降の株価回復局面では資産の増加に貢献していると思います。
今年6月の騰落率はほぼ横ばいでしたが、ボーナスが入金されたことで、総資産額が大きく増えています。

投資のリターンをコントロールすることはほぼ不可能ですが、毎月の支出は一定の範囲内であればコントロール可能です。
必要なもの以外はできるだけ買わない、持たないようにして、無駄遣いを極力慎み、貯蓄と投資に大きな比率を割いているからこそ、「100年に1度」と言われた危機を乗り越えることができました。
資産形成は「本業」と「節約」が最も大切だと思います。

リターンが現状ではマイナス20%以下になっているのは残念ですが、長い目で見れば、いつかはプラスに転じると期待しています。
そのときには、資産が2倍、3倍と増えているであろうことが楽しみです。

関連記事

2009/08/08 09:00 | 投資についての雑感COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |