マネックス、既発債の売買システム開発へ 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
fc2ブログ

マネックス、既発債の売買システム開発へ

こんにちは。中田たろうです。

8月24日のニュースに、以下のようなものがありました。

マネックス証券、ネットで既発債の売買システム開発へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000029-nkn-ind

8月24日8時33分配信 日刊工業新聞

 マネックス証券は日本初となる既発債のインターネット売買システムの開発に乗り出した。年度内にも同社に口座を持つ個人投資家向けにサービスを始める。同社で販売された外国債券に加え、他の証券会社や機関投資家の間で流通している既発債も販売する予定だ。

 同社は、機関投資家の間で売買されているような高品質の金融商品を独自に開発し、ネットを介して個人投資家に提供することを進めてきた。この一環として、個人投資家間で売買できなかった債券を株式と同様に、ネット上で売買できるようにするため、システム開発に着手した。

 これまで個人投資家が一度購入した債券は、償還まで保有するか、店頭や電話を介して証券会社など販売元に売却することが多かった。この既発債売買システムが完成すれば、ネット上での債券の売買が可能になる。

 国内では証券会社や機関投資家間での債券売買も、電話による相対取引が主であり、ネット上での売買は珍しい。

(引用終わり)

現時点ではどの程度の品揃えになるのかはわかりませんが、大手証券の外国債券を意識したものになることを期待します。
株式と同様にコスト競争が起こり、個人投資家に有利な債券が発売されるようになることを願います。

関連記事

2007/08/27 09:00 | 外国債券COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |