09年5月のリレーの手順 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング

09年5月のリレーの手順

こんにちは。中田たろうです。

今月実施予定の海外ETFへのリレーを、5/22に実行することに決めました。
(株価が大きく下落すれば「延期」も検討しますが)
今回は、2万米ドル相当分をリレーします。

今月になって株価が急騰して、積み立てたファンドの評価額はほぼ2万ドルになったので、すぐにでもリレーを実行するのがベストな状況です。
しかし、リレーは手間と時間がかかり、「じっくり落ち着いて取り引きしたい」と思っているので、仕事の忙しさや個人的な予定との兼ね合いを考えて、実行日を再来週にしました。

今回はリレーする金額も大きいですが、リレーをするファンドの数も多いので、手順を整理してみました。

実行日から「逆算」して、ファンドの売却、約定、受渡日、そして海外ETFを購入するSBI証券の口座への資金の移動など、「リレーに必要な日数」を確認しました。
「備忘録」というよりも「チラ裏」に近い内容ですが、海外ETFへのリレー投資を実行されようとしている方には参考になるかもしれません。

海外ETFの購入を予定している5/22にタイミングを合わせて、ファンドの売却資金をSBI証券の口座へ集めるには、どのようなスケジュールで売却と資金の移動をすればいいか、調べてみました。

 (表1)EFA=米国以外の先進国株式=へのリレーを予定しているファンド
取引
会社名
銘柄名受渡日
(約定日
から)
5/13
(水)
5/14
(木)
5/15
(金)
5/18
(月)
5/19
(火)
5/20
(水)
5/21
(木)
5/22
(金)
SBI
証券
ETF
(1306)
3営業
日後
     売却

約定
 FXへ
振替
STAM
グロー
バル
株式
3営業
日後
    売却約定 
マネッ
クス
証券
STAM
グロー
バル
株式
3営業
日後
   売却約定 21時
までに
出金
指示
受渡日

指定
銀行
口座へ
入金

FXへ
振替
トヨタ
バン
ガード
3営業
日後
   売却約定 
インデ
ックス
ファンド
TSP
3営業
日後
    売却

約定
 
フィデ
リティ
証券
STAM
グロー
バル
株式
3営業
日後
   売却約定  
STAM
TOPIX
3営業
日後
    売却

約定
  
FWF
ヨーロ
ピアン
グロース
4営業
日後
  売却約定   
野村
ほっと
ダイレ
クト
ETF
(1306)
3営業
日後
    売却

約定
  受渡日

出金

FXへ
振替
 ※トヨタバンガードの資産配分は新興国を5%含む

 (表2)VWO=新興国株式=へのリレーを予定しているファンド
取引
会社名
銘柄名受渡日
(約定日
から)
5/13
(水)
5/14
(木)
5/15
(金)
5/18
(月)
5/19
(火)
5/20
(水)
5/21
(木)
5/22
(金)
SBI
証券
STAM
新興国
株式
4営業
日後
   売却約定  FXへ
振替
新興国
アクティブ
ファンド
5営業
日後
  売却約定   
マネッ
クス
証券
STAM
新興国
株式
4営業
日後
  売却約定  21時
までに
出金
指示
受渡日

指定
銀行
口座へ
入金

FXへ
振替
年金積立
新興国
株式
4営業
日後
  売却約定  
フィデ
リティ
証券
STAM
新興国
株式
4営業
日後
  売却約定   
年金積立
新興国
株式
4営業
日後
  売却約定   
FWF
エマー
ジング
4営業
日後
  売却約定   
新興国
アクティブ
ファンド
5営業
日後
 売却約定    
丸三
証券
KODEX
200
3営業
日後
    売却

約定
 16時
までに
出金
指示
イー
バンク
銀行
新興国
アクティブ
ファンド
4営業
日後
  売却約定   受渡日

出金

FXへ
振替
新興国
アクティブ
ファンド
6営業
日後
売却約定     

「分散投資の悪いポートフォリオの見本」みたいに(笑)、同じファンドが複数の口座に「分散」されています。
「手数料キャッシュバック」や「現金プレゼント」などのキャンペーンの条件を満たすために、仕方なく「分散」した結果がこうなっているだけですので、マネをしないでください。

ファンドごとに、約定から受渡日までの日数が微妙に違います。
同じSTAMシリーズのファンドでも、STAMグローバル株式とSTAM新興国株式の日数が1日違うので、リレーするときは注意が必要ですね。

金融機関の間で資金を移動するときは、その手続きの手間も考慮する必要があります。
SBI証券で国内株式や投資信託を売却して、その資金をSBI FXへ振替する場合は、定められた受渡日の1営業日前(正確には2営業日前の15時以降)に振替が可能になり、現引の資金に充てることができます。
時間損失を小さくすることができるので、ちょっとしたメリットですね。

上記の表の通りにリレーを実行すれば、1週間以上前からファンドの売却を始めなければなりません。
「売却して海外ETFを購入するまでの間に株価が大きく上昇するリスク」が心配です。

昨年11月に1万米ドル分をリレー投資をしたときは、「生活防衛資金」を一時的に流用して、手持ちのキャッシュで海外ETFを購入して、同じ日にファンドを売却することで、「時間損失」を最小にするように「工夫」をしました。

しかし、今回は2万ドルなので、さすがにそれだけのキャッシュを用意することはできません。
「先にファンドを売却して、その資金で海外ETFを購入する」しか手立てがなさそうです。

しかし、80万円分ならば手持ちのキャッシュを一時的に流用可能なので、「次善の策」として次のような手立てを考えました。

 1.リスク=値動きのぶれ幅=は、先進国株式より新興国株式の方が大きい
 2.新興国ファンドは約定から受渡まで日数がかかる
 3.そこで新興国株式ファンドは、海外ETFの購入日と同じ日に売却して、時間損失を最小にする
 4.先進国株式のうち、フィデリティ証券と野村ほっとダイレクトのファンドも、同様に海外ETFの購入日と同じ日に売却
 5.先進国株式のうち、SBI証券とマネックス証券のファンドは、(表1)のとおりに売却を実行する

このようにすれば、すべてのファンドが同じ週の売買で完了できるので、「空白期間」は必要最小限にとどめることができます。

ちなみに、私は海外ETFへリレーするときは、SBI証券のFXで「現引」を利用することで、為替手数料を節約しています。
通常の為替取引では、1米ドルあたり片道0.25円の為替手数料が必要ですが、FXの現引ではスプレッドの0.01円だけです。
1万米ドルを取り引きしても、手数料はたったの100円なので、とてもお得です。

ただし、現引は「1万米ドル単位」でしか取り引きできませんし、FXの取引・注文方法と商品の仕組みをきちんと理解することが必要でしょう。
為替レートが変動するリスクを考えて、(1)5/20と(2)5/22にそれぞれ1万ドルずつ、2つの買いポジションを持って、それらを5/22に現引するつもりです。

今回のリレーでは、現引した2万ドルと海外ETFの分配金500ドル弱を「再投資」して、EFAを16,000ドル強、VWOを4,000ドル強、それぞれ購入します。
米国ETFの取引手酢料は、SBI証券の場合、1注文につき1,000口まで26.25ドルですので、今回は2銘柄で52.5ドルが必要になります。

インデックス投資家の中には、「手間やコストをかけてまで、海外ETFへリレーしなくてもよい」という意見の方もいます。
「インデックスファンドでホールド」することは、もちろん一つの考え方として私は否定をしません。
ご自身がリターンとコストとリスクを十分に理解して、納得して投資をしているのであれば、海外ETFへリレーをするかしないか、どちらでも問題はないと思います。

私は「長生きリスク」を考えて、「50年以上たっても魅力が色あせないファンド」へ投資したいと思っています。
50年後、STAMシリーズのファンドが、日本では「時代遅れの商品」になっている可能性は否定できないでしょう。
これに対して米国ETF(とくにバンガードのETF)は、圧倒的な低コストで、世界的には「インデックス投資で主役級の役割」を長く続ける可能性が高いだろうと思っています。

それに、インデックス投資は「退屈」に感じるときがありますが、海外ETFへのリレーは、考えること、やるべきことがたくさんあって、「退屈しのぎ」には最適です(笑)
「あと○万円増えればリレーできる」と考えると、投資へのモチベーションもアップします。

今回のリレーは、5/18にマネックス証券でファンドの売却からスタートします。
リレー投資の結果は、終了後に報告します。

関連記事

2009/05/08 09:00 | ETFへのリレーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |