外国債券投資の決定打!?(まとめ) 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
fc2ブログ

外国債券投資の決定打!?(まとめ)

こんにちは。中田たろうです。

今回は、外国債券投資についての私の考えをまとめたいと思います。

外国債券については、過去のエントリのうち、前編と後編を含めてこの4つに目を通していただければと思います。

野村證券「ほっとダイレクト」&「ほっと割プラン」(2)
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-18.html
海外債券の投資方法
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-34.html
外国債券投資の決定打!?(前編)
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-41.html
外国債券投資の決定打!?(後編)
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-42.html

これらを要約すると、

1.外国債券の購入はネット証券ではなく大手証券がよい
2.野村証券ほっとダイレクトは、口座管理料無料、窓口に行かなくてもネットや電話で売買できる

さらに「バイ&ホールドでの長期投資」という前提で

3.ゼロクーポン債と債券ETFの優劣を比較した結果、私はゼロクーポン債を選択した
4.外貨MMFをドルコスト法で積み立てて、ゼロクーポン債へのリレー投資を複数の通貨で行う
5.それによって、為替の平均購入単価の引き下げと通貨分散をはかる

この投資方法、いかがでしょうか。

国内株式のインデックス投資の「定番」は、
「インデックスファンドTSPからETF(1306)へのリレー投資」
と言えるでしょうが、外国債券の場合は「定番」と言えるような効率的な投資方法はまだないようです。

私は多くのインデックス投資家のブログを見ましたが、債券ETFとゼロクーポン債の優劣を、きちんと比較して結論づけたものは見当たりませんでした。

「今、米ドルのゼロクーポン債は利回りが5%以上あるのだから、債券の場合は必ずしもインデックスにこだわる必要はないのではないか」
「債券ETFのAGGは米ドルだけなので通貨分散が必要」
という問題意識を持って、自分なりに調べてみました。

もちろん、金利が大きく変動すれば、条件は変わります。
インデックス投資の分散効果もある程度は理解しているつもりです。
あるいは今後、新しい商品が生まれることもあるでしょう。
しかし、現状では「外貨MMFからゼロクーポン債へのリレー投資」が、最も効率の高い外国債券への投資法だと私は考えました。

どちらも古くからある商品なのに、ネットやブログではこのようなリレー投資している人が見当たりません。
もしかしたら、なにか「落とし穴」があるのかどうか、債券に詳しい方のご意見をお聞きしたいです。

なお、ブログのサブタイトルと左上のプロフィールを、一部変更しました。債券の投資先をインデックス投資から変えましたので、現状の投資先に合わせました。

関連記事

2007/08/15 09:00 | 外国債券COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |