投資先の変更にともなう新しい資金フローなど 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

投資先の変更にともなう新しい資金フローなど

こんにちは。中田たろうです。

昨日のエントリで、

給与振込口座から各証券会社への資金の流れ、3つの外国株式とREITファンドへの毎月の投資スケジュールをきちんと整理して、ご報告します。

と書きましたので、今回はこのことについてのエントリです。

私の給与振込口座はジャパンネット銀行(JNB)、毎月のファンド積み立ては、来月から下記の証券3社で行います。
・SBIイー・トレード証券
 「住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン」
 「住信-STAM J-REITインデックス・オープン」もしくは「住信-STAM グローバルREITインデックス・オープン」
・マネックス証券
 「バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンド」
・フィデリティ証券
 「FWF エマージング・マーケット・ファンド」

給与振込口座から各証券会社への資金の流れは、以下のように考えています。

1.マネックスからJNBへ入金指示(手数料不要)
2.イートレからJNBへ入金指示(手数料不要)
3.2で入金した資金は住信SBIネット銀行の「イートレ専用預金」へ自動振替(手数料不要)
4.住信SBIネット銀行からフィデリティ証券へ振り込み(来年3月まで月3回は振込手数料無料)

となります。
住信SBIネット銀行の振込手数料無料キャンペーンが来年3月に終わっても、11/23のエントリ「振込手数料無料回数を翌月に繰り越す裏技」を使うので、しばらくは4の振込手数料は不要になります。

3月以降も、住信SBIネット銀行は、何らかの条件を満たせば、振込手数料無料を得ることができると思われます。
(無料回数のカウントが銀行のシステムに組み込まれているので、キャンペーン終了後に条件付で実施しないとは思えない)
今の時点ではその条件は明らかではないのですが、明らかになったときにその条件を満たすようにすればいいと考えています。

さて、STAMの外国株式、STAMのREIT、スモールキャップ、FWFエマージング、4つのファンドへは、毎月ごとに下記のように投資します。

・「住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン」
 毎週月・木曜日に2万円ずつ
・「FWF エマージング・マーケット・ファンド」
 毎月第1・3月曜日の月2回に1万円ずつ
・「バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンド」
 毎月第2月曜日に5口で約2万円
・「住信-STAM J-REITインデックス・オープン」もしくは「住信-STAM グローバルREITインデックス・オープン」のどちらか
 毎月第4月曜日に1万円
 (J-REITとグローバルREITがおおむね1:3の保有割合になるようにどちらかを選択)

住信-STAM グローバル株式インデックス・オープンは、「損もしないし得もしない積立投資法」で、今の「トヨタアセットバンガード海外株式ファンド」と同じように投資します。

FWFエマージング、スモールキャップ、REITへの投資は、「損もしないし得もしない積立投資法」の応用です。
3つのファンドを、1週間おきに投資することになります。
投資タイミングをずらすことで、「1か月の値動きの中で、どれかは高値掴みになるかもしれないが、どれかは割安に買うことができる」というねらいです。
投資日を固定することで、「いつ買おうか」と迷うこともありません。

問題は、フィデリティ証券の口座開設等の手続きが、来年1月に間に合うかどうかです。
今手続き中なのですが、「ステップ・BUY・ステップ」での購入を終えていないと、インターネット取引では、「FWF エマージング・マーケット・ファンド」の場合、初回は20万円以上からでないと購入できないのです。

1.初回の購入は「ステップ・BUY・ステップ」で1万円
2.それを終えると「ステップ・BUY・ステップ」サービスを解約
3.以後はインターネット取引で購入

という流れで、フィデリティ証券のFWF エマージング・マーケット・ファンドの購入を考えています。
この手続き状況も、月末までには報告したいと思います。

それから、STAM外国株式とFWFエマージングの2つのファンドを海外ETFへリレーするときにどうするかも、考察する必要があります。
この点は、明日のエントリで報告します。

関連記事

2007/12/18 09:00 | 投資についての雑感COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |