REITファンドの乗り換えタイミング(1) 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

REITファンドの乗り換えタイミング(1)

こんにちは。中田たろうです。

11/21のエントリ「SBIの新ファンドと私の保有ファンドの比較」で、積み立てているREITのファンドを、イートレが販売を始めるSTAMの新しいファンドへ乗り換えることを書きました。

では、どのタイミングで、どうやって乗り換えをするのが最も効果的か、考えてみたいと思います。
J-REITと海外REIT、それぞれのファンドで検討してみます。

今回のエントリは、J-REITの場合です。

現在、私が積み立てているJ-REITのファンドは、イーバンク銀行の「MHAM J-REITインデックスファンド」です。
このファンドは毎月15日分配なのですが、分配金の額を調べてみると、今年は2月が700円、8月が500円、その他の月は一律42円を分配しています。

今、このファンドは5万円の投資額(分配金の再投資分を除く)に対して、先週末時点でマイナス3%弱の評価損があります。
損益がマイナスであれば売却益に課税されることはないので、できるだけ高値で売却したいです。
相場動向を無視すれば、2月の分配日直前の2/14は、2月の分配金がまだ内部留保されていて、基準価額が高くなっていそうです。

それに対して、乗り換え先の「住信-STAM J-REITインデックス・オープン」は、毎年5月と11月の年2回分配です。
このファンドの設定日は1/9ですので、設定日後のできるだけ早いタイミングで購入した方が、分配金の内部留保されている割合は低いはずです。

ただし、1月末には米国のFOMCがあります。
ここで追加利下げがあれば、相場も大きく動く可能性もあります。
しかし、投資額は5万円程度ですから、もしそうなってもポートフォリオへの影響は小さいです。

そうすると、

1.「MHAM J-REITインデックスファンド」は2/14に売却
2.「住信-STAM J-REITインデックス・オープン」は相場の動きを見ながら、1/9以降の適当な日に購入

でよさそうです。

次回は、海外REITの場合を考えてみます。

関連記事

2007/12/11 09:00 | 投資についての雑感COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |