ゆうちょ民営化の思わぬ余波 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

ゆうちょ民営化の思わぬ余波

こんにちは。中田たろうです。

私はかつての学生時代(今も放送大学の学生なのですがそのことはおいといて)、無利子の奨学金を利用していました。
奨学金の返還は、年賦払いを選択していて、今年も含めてあと7年で払い終わる予定です。
送金方法は、口座振替、もしくは振込用紙での送金を選択できるのですが、私は振込用紙を利用しています。
振り込みの窓口は郵便局でも銀行でもOKです。

私が奨学金を利用していた団体の銀行振込先は、たまたま私の勤務先の近くの支店でした。
その支店から振り込めば、以前は手数料0円で振り込みできました。
しかし、今は同一支店への振り込みでも、窓口の場合420円(3万円以上)もかかるようになってしまいました。

昨年は郵便局の窓口を利用しました。
以前は「郵便振替」と呼ばれていた送金方法になるのですが、ゆうちょ民営化で、その手数料が窓口利用時330円(送金額3万円以上)になってしまいました。

奨学金の返還は、銀行はATMからの送金は不可、ネット銀行からの振り込みもできず、さらにゆうちょ銀行は10万円を超えるとATMも使えず、振り込みによる送金は、手数料がとても割高です。

結論としては、口座振替を利用するのが最もお得なようです。
早速、その申込用紙を請求しました。
今年は手数料を払って郵便局から振り込みますが、来年からは口座振替を利用することになります。

今まで口座振替を利用していなかったのは、私はメインバンクをそのときどきで有利な銀行を選択したいと思っていて、そのたびごとに口座振替の手続きをやりなおすのは、ちょっと面倒だと思っていたからなのです。
ただ、ここ数年はジャパンネット銀行で固定できているので、今後はたぶん問題ないかと思います。

「ゆうちょ民営化」による思わぬ余波を、こんなところで受けることになるとは、思ってもいませんでした。

関連記事

2007/12/10 09:00 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |