20年4月の投資戦略 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

20年4月の投資戦略

こんにちは。中田たろうです。

先週、緊急事態宣言が7都府県で発令されました。
私の住んでいる地域はこれらの都県ではありませんが、行政は不要不急の外出をしないように呼び掛けています。

本業では、4月から、基本的にはほぼ全員が在宅勤務になりました。

在宅勤務で運動不足にならないように、朝、昼、夕の1日3回、必ず散歩や買い物で外出しています。
新しくウオーキングシューズを購入して、1日合計1時間半くらいは歩いています。
また、野菜と魚が中心の食生活を心掛けています。
心身の健康を大事に過ごしています。

さて、先月のエントリで、今年の投資方針をまとめて、3月下旬から毎週1回の積み立て投資を再開しました。
今回は、もう少し細かく検討してみます。

私は株式クラスでは、主に国内外のETFへ投資、保有しています。
インデックス投信の信託報酬が下がったとはいえ、国内株式と新興国株式では、まだETFの方がコストが安いです。

しかし、つみたてNISAと個人型DCでは、ETFへの投資はできません。

①信託報酬は高いが、非課税のメリットを生かすために、つみたてNISAと個人型DCで、インデックス投信を購入する
②非課税のメリットはないが、特定口座で信託報酬が安いETFを購入する

国内株式と新興国株式で、どちらへ投資するか、迷いました。
保有期間と将来の売却時の値上がり幅で、将来どちらが有利になるかは変わります。

・保有銘柄を増やさないで、資産管理の手間を減らす
・つみたてNISAと個人型DCの非課税枠は、すべてを先進国株式投信に使う

上記2点のことを考えて、②の方針に決めました。

今月は、eMAXIS slim先進国株式インデックスを毎週購入します。
3月と同様に、NYダウの変動に応じて金額を調整します。

・20,000ドル以下 週10万円
・20,000~23,000ドル 週5万円
・23,000ドル以上 積み立てを停止

5月になって、4月末の資産状況(保有利率)を確認した後に、国内株式と新興国株式への投資について、投資額などを具体的に検討します。

関連記事

2020/04/13 09:00 | 今月の投資戦略COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |