2020年の投資戦略 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

2020年の投資戦略

こんにちは。中田たろうです。

ここ数年、毎年1月に「XXXX年の投資戦略」というエントリを記してきました。
しかし、今年は作成していませんでした。
年初から株価が順調に成長していて、追加投資で新しくやることがとくになかったので、ほったらかしにしていました。

しかし、新型ウイルスで市場が大混乱になり、株価が大きく乱高下を繰り返しつつも大きく下落したので、「そろそろ追加投資に動こうかな」とスイッチが入りました。

今年2月の高値のときでも、リスク資産の比率は目標を下回っていて、リバランスが必要な状況でした。
株安になった今は、積極的に追加投資をしたいと思っています。

大方針は昨年同様に、「アセットアロケーションを目標比率に保つ」ことを第一に、追加投資でアセットクラスごとの比率調整(リバランス)を行います。
追加投資では、まずはつみたてNISA、その次に個人型DCを最大限に活用します。

アセットクラスごとの目標比率は下記の通りです。
昨年までと変更はありません。

・国内株式 14%
・海外株式 56%【うち米国28%、日米以外先進国21%、新興国7%】
※国内外の株式クラスを合算して、63~73%の範囲内でのかい離は許容
・国内債券 18%(15~21%の範囲内でのかい離は許容)
・海外債券 0%(2%までは許容)
・REIT 2%(1~3%の範囲内でのかい離は許容)
・純金積立 3%(2~4%の範囲内でのかい離は許容)
・流動性資産 7%(5~15%の範囲内でのかい離は許容)

昨年の投資戦略には、「NYダウが2万2千ドル割れまで下がれば、つみたてNISAで株式クラスへ40万円の一括投資を行う」と書きました。
基本的には、今年もこの方針でいこうと思っていたのですが、ちょっと作戦を変更します。

先週の12日、NYダウが21,328ドルまで下がり、翌日は23,185ドルへ回復しました。
当面はこのような乱高下を繰り返すかもしれません。
ここからどうなるか、誰にも見通せないですよね。

そこで、「毎週1回5万円、つみたてNISAでインデックス投信を購入」したいと考えています。
これを8週間続けて、つみたてNISAの枠を使い切ったあとは、個人型DCで同じように毎週5万円を定期預金からインデックス投信へスイッチングします。

今、個人型DC口座には、すべて定期預金で400万円強の残高があります。
つみたてNISAと個人型DCの非課税口座で、毎週5万円の積み立て投資を2年近くできる計算になります。

NYダウが2万ドルを下回るような暴落になったときは、毎週の積み立てを増額して、追加投資のペースを加速させます。
非課税枠をすべて使い切ったら、課税口座で米国ETFを購入するなど、次の作戦に移ります。
この数年間、追加投資を強く抑制してきたので、待機資金は十分にあります。
これから安くたくさん買えるかどうか、楽しみです。

NYダウが2万3千ドルを上回ったときは、この積み立てを休止します。
来週から積み立てを開始するかどうか、株価の推移を見て、今週末に判断します。

関連記事

2020/03/16 09:00 | 今月の投資戦略COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |