2017年分NISA口座から課税口座へ資産の移管を検討中 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

2017年分NISA口座から課税口座へ資産の移管を検討中

こんにちは。中田たろうです。

ブログ開設から満12年になりました。
読者のみなさまありがとうございます。

12年間で、資産形成は順調にすすんでいます。
このペースで生活、貯蓄、資産形成を続ければ、将来、60歳くらいで早期退職しても、経済面の不安はないくらいの資産を作れるだろうかと思っています。

今後も、細々とですが、ブログ更新を続けます。

さて、先週、NYダウが過去最高値を更新しました。
2017年にNISA口座で購入した米国株ETFのVTIは、2割強の含み益があります。
Jリートのインデックス投信も、3割弱、値上がりしています。

これらを課税口座(特定口座)へ移管するかどうか思案しています。

2017年NISA口座の非課税期間は、2021年末までです。
あと2年半あります。

2018年から始まったつみたてNISAのように非課税期間が20年もあれば、じっくりと長期保有できます。
しかし、一般NISAの5年は、非課税期間としては中途半端です。
もしも相場が大きな調整局面になると、数年では株価の回復は難しいでしょう。

NISA口座の資産は、買値より値下がりした状態で非課税期間を終えると、その損失を別の収益と損益通算することはできません。
株価が高いときに、課税口座へ移管したいですが、今の高値が天井になるか、今後も株高が続くか、事前には誰にも分かりません。

2014年から始まった一般NISA口座で、私は保有期間2年くらいで移管したりしています。

 2014年分=国内株インデックス投信を2016年に売却して課税口座のETFへリレー、5割弱値上がり
 2015年分=VWOを2017年に課税口座へ移管、約3割値上がり
 2016年分=VEAを2017年に課税口座へ移管、約3割値上がり。VWOを2018年に課税口座へ移管、約6割値上がり

VEAとVWOは、現在よりも高値のときに移管しました。
移管のタイミングとしては、とても良かったと思っています。
過去3年分の合計で、値上がり益とETFの分配金を合わせて100万円くらいの利益があり、これを非課税にすることができました。

非課税期間が残り2年くらいになったときに、ある程度の含み益があれば、課税口座へ移管するのがベターかなと思っています。
移管後、さらに値上がりしたときには、課税口座内でその資産も成長するので、まったく問題ありません。

関連記事

2019/06/26 09:00 | NISACOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |