保有しているETFの経費率を再確認(2019年5月) 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

保有しているETFの経費率を再確認(2019年5月)

こんにちは。中田たろうです。

バンガードETFの複数の銘柄で、今年2月と4月にエクスペンスレエシオの引き下げが発表されました。
私が保有しているVTI(米国株ETF)、VEA(米国を除く先進国株ETF)、VWO(新興国株ETF)、VSS(米国を除く世界小型株ETF)の4銘柄すべて、引き下げられました。

 (参考)
 https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/articles/news-from-vanguard/expenseratio-changes-2019.htm
 https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/articles/news-from-vanguard/expenseratio-changes-201904.htm

私は株式クラスの約98%を、国内外5銘柄のETFで保有しています。
この改定によって、私が保有しているETFの経費率が加重平均でどうなったかを確認してみました。

 (表1)2019年5月の保有コスト
 銘 柄 (A)
エクスペンスレシオ
(年率)
(B)
ETFの
保有比率
(A)×(B)
国内株式13060.13%※12.26%0.0159%
米国株式VTI0.03%42.93%0.0129%
先進国株式
(除く米国)
VEA0.05%32.22%0.0161%
新興国株式VWO0.12%8.46%0.0102%
小型株式
(除く米国)
VSS0.12%4.13%0.0050%
加重平均0.0600%
 (※1306は信託報酬に「その他費用」を加えた実質コスト)

5銘柄の加重平均では、年率0.0600%になりました。

ちなみに、2年前のエントリで、その当時でのETFの保有コストを試算しています。
このときは、年率0.0769%でした。

 (参考)2017/05/22「保有しているETFの経費率を再確認」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-934.html

私が初めてバンガードETFを購入したのは、2008年11月でした。
その当時のエクスペンスレエシオは、VTIが年率0.07%、VEAが0.12%、VWOが0.25%でした。
10年以上を経て、すべて半額以下へ下がっています。
バンガード社のたゆまぬ企業努力に、深い敬意を抱きます。

ちなみに、野村AMのTOPIX連動型ETF(1306)は、約12年間も保有していますが、信託報酬はまったく変化がありません。
消費税率が引き上げられることで、実質は値上がりしています。

国内のインデックス投信では、信託報酬引き下げのニュースが次々と届いていますが、それがETFにも波及して欲しいですね。

関連記事

2019/05/30 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるもの、他者への敬意に欠ける内容など、管理人が不適切と判断したコメントは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。



記事の内容と無関係なもの、広告や宣伝と思われるトラックバックは、削除させていただく場合があります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |