2015年09月25日 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
fc2ブログ

東証上場のTOPIX連動ETFの比較

こんにちは。中田たろうです。

先日、DIAMアセットマネジメント社が、TOPIX連動のETFを東証へ新規上場させました。
信託報酬は年率0.078%(税抜)で、国内最安と同等です。
詳細は下記でご確認ください。

 http://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/files/1473-j.pdf

今、TOPIXをベンチマークとする東証上場のETFは、5銘柄あります。
野村(1306)、三菱UFJ国際(1348)、大和(1305)、日興(1308)、DIAM(1473)です。
三菱UFJ国際(1348)は2009年に上場した比較的新しい銘柄で、野村、大和、日興の3銘柄は10年以上の歴史を重ねている銘柄です。

国内ETFは、目論見書に明記されている「信託報酬」だけでなく、決算ごとに「その他費用」が計上されており、実質的な運用コストは決算内容を確認することで「事後」に明らかになります。
海外ETFの場合は「エクスペンスレシオ」としてすべての経費込みでの運用コストが事前に明示されているのに比べて、やや不親切です。

上記5銘柄のうち、上場したばかりで決算が出ていないDIAMを除く4銘柄の決算状況と実質的なコストを確認してみました。

続きを読む »

2015/09/25 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |