2015年03月 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング

15年2月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

来年からの税制改正で、私が保有しているゼロクーポン債と外貨MMF、それぞれの売却益への課税が実質的には「増税」になります。
外国債券(投信ではなく生債券)は、来年以降、株式や投資信託と同じように特定口座で取り引きできるようになり、株式等との損益通算ができるようになります。
今年末までに購入済の外国債券が特定口座へ移管できるかどうか、証券各社での対応はまだ不透明です。

今保有しているゼロクーポン債は、リーマンショック前に、利回りが年率5%前後のころに購入したものです。
外貨MMFの購入単価は、米ドルが80円強、ユーロが113円強です。
債券高と円安で、大きな利益が出ています。

来年の税制改正前に、ゼロクーポン債の一部かすべて、および外貨MMFのうち大手証券の口座のものは全額を、それぞれ売却します。
債券価格や為替の推移を見ながら、年末までには資産の整理をすすめます。

売却後は、目標のアセットアロケーションも修正します。
詳しくはエントリをあらためて検討します。

さて、2月末の資産状況を報告します。

 (表1)2015年2月28日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.4%+0.40円+8.2%+7.9%+37.5%
2海外株式53.9%+1.10円+7.2%+4.0%+76.2%
3国内債券8.1%-0.40円+0.0%+0.2%+2.6%
4海外債券9.3%-0.30円+1.1%-1.3%+45.2%
5REIT2.0%-0.10円-1.7%+0.7%+127.7%
6純金積立2.9%-0.210,250円-3.2%+0.9%+29.2%
投資合計89.6%+0.410,250円+5.6%+3.6%+64.7%
7流動性資産10.4%-0.4
総計100%

トータルの騰落率は、過去最高を更新しました。
今は、いかに運用のリスクを取りすぎないようにするか、を考えています。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本19.9%13.4%
米国41.6%28.0%
日米以外の先進国29.1%19.6%
エマージング9.3%6.3%
合計100%67.4%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2015/03/04 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2014年分の確定申告

こんにちは。中田たろうです。

毎年2月から3月が確定申告のシーズンです。
私は海外ETFを保有しています。
国内の証券会社で取り引きしている場合、その分配金からは、海外と国内の両方で課税されます。
NISA口座の場合は、国内の課税はゼロ円ですが、一般口座や特定口座の場合、

1)現地の外国税が税率10%で源泉徴収
2)その残りの9割に対して、20.315%(所得税+復興特別所得税15.315%、住民税5%)が源泉徴収

となりますので、実際に支払われるのは税引き前のおよそ72%になります。
しかし、外国税額控除の申告を行うと、源泉徴収された所得税と住民税の一部を取り戻すことができます。
私は毎年、還付申告を行っています。

続きを読む »

2015/03/12 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ゼロクーポン債の売却を検討

こんにちは。中田たろうです。

前々回のエントリでも少し触れましたが、来年1月以降、外国債券の税制が大きく変わり、株式などと同じように、売却益に対して税率20%の申告分離課税となります。
私は米国債と仏国債のゼロクーポン債を保有していますが、税制改正の前に中途売却した場合と、償還まで持ち切った場合とで、どちらが有利か検討してみます。

続きを読む »

2015/03/23 09:00 | 外国債券COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |