2008年10月30日 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

08年10月の投資(8)

こんにちは。中田たろうです。

10/28、日本一巨大なファンドの「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」は、基準価額が6,000円を割り込みました。
昨日は再び6,000円台を回復しましたが、再び割り込む可能性は高いのではないかと思います。
何も知らないで「グロソブ」へ投資した、おじいちゃん、おばあちゃんの大事な老後の資産が、この1か月で2割は消失したことになります。

その一方、手数料収入でガッチリ稼いだ金融機関を「緊急対策」と称して国が支えるのは、いかがなものなのでしょうか。
米国の投資銀行よりは「罪」は軽いかもしれませんが、彼らの場合は金融のプロを相手に行った取り引きであり、こちらは老人を「カモ」にしたものです。
「悪質さ」の度合いでは、はたしてどちらが上でしょうか。

社会インフラとしての金融機関を国が助けることが必要だというのは、理屈としては理解できますが、感情的に納得できません。
税金の使われ方が間違っているように思えてなりません。

老人パワーを集結して「グロソブ被害者の会」のようなものが結成され、社会へ一石を投じれば、日本の投信業界に変革が起きるのではないか、日本のインデックス投資環境が改善されるのではないかと、夢のような淡い期待を抱いています。

寝言のようなことはさておき、月曜日にSTAMグローバルREITを購入しました。
急激な円高時に購入できたので、かなりラッキーでした。

続きを読む »

2008/10/30 09:00 | 投資日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |