資産状況 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング

18年1月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

松井証券が、今年3月下旬から、個人型確定拠出年金の取り扱いを開始すると発表しました。

 個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の取扱いが始まります!~2018年3月下旬より~
 https://www.matsui.co.jp/news/2018/detail_0129_02.html

上記のウエブサイトを見ると、マネックス証券とほぼ同じような低コストインデックス投信を揃えています。
かなりの本気を感じる商品ラインナップです。
現在、私はSBI証券で個人型DC口座を開設していますが。乗り換えの有力候補の一つとして考えてみます。

さて、1月末の資産状況を報告します。

 (表1)2018年1月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
昨年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.3%-0.10円+1.5%+19.6%+52.5%
2海外株式49.2%+0.50円+2.5%+11.2%+80.3%
3国内債券16.4%-0.20円±0%-0.2%+1.3%
4海外債券0.3%±00円-5.4%+46.7%+83.9%
5REIT1.7%±030,000円-5.8%-10.0%+99.2%
6純金積立2.7%±010,250円+0.2%+5.7%+23.5%
投資合計83.5%+0.210,250円+1.3%+11.1%+69.7%
7流動性資産16.5%-0.2
総計100%

1月も着実に月間リターンがプラスで、トータルリターンで70%プラスが目前です。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.2%13.3%
米国39.3%24.5%
日米以外の先進国27.3%17.1%
エマージング12.2%7.6%
合計100%62.5%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/02/02 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年12月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

2018年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

昨日、帰省先から自宅へ帰りました。
毎年恒例ですが、マイレージの無料航空券を使って旅費を安く済ませることができました。
いわゆる「陸マイラー」で、日常の買い物はたとえ数百円の少額であっても極力クレジット決済して、マイルを貯めています。
また、帰省の移動中にちょっと遠回りして、年末と年始にそれぞれ極上の温泉(お湯は極上ですが料金は庶民的)へ立ち寄りました。

まず、昨年の投資状況をふりかえってみます。
分配金の再投資や低コスト商品への乗り換え等を除いた年間の追加投資額は、

 国内株式 18,981円
 海外株式 115,000円
 国内債券 1,500,000円
 REIT 60,000円
 純金積立 115,855円

上記の合計が約180万円です。
さらに、流動性資産の総額が1年前から約160万円も増えています。
1年間のトータルでは約340万円が、貯蓄と投資へ充てた「純増分」になります。

一昨年の純増分は270万円強だったので、前年比で大きく上積みができました。
給与が少し増えたこと、ETFの分配金が増えたこと、同僚との外食などの交際費がやや減ったこと、一昨年はパソコンの買い替えなどいくつか高額の買い物をしたことなど、複数の要因が重なったからだと分析しています。
今年も、自己投資や生活の質を削らない範囲でもう少し節約を心がけて、この金額を増やしたいです。

さて、昨年12月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年12月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.3%-0.10円+1.1%+17.9%+50.3%
2海外株式48.7%-0.80円+1.1%+8.5%+76.0%
3国内債券16.6%-0.40円±0%-0.2%+1.3%
4海外債券0.3%±00円-0.1%+55.0%+94.3%
5REIT1.7%±00円+1.3%-4.5%+111.4%
6純金積立2.7%±010,250円+0.6%+5.6%+23.3%
投資合計83.3%-1.410,250円+0.8%+9.7%+67.5%
7流動性資産16.7%+1.4
総計100%

月間のトータルリターンは、0.8%のわずかなプラスでした。
ボーナスと年末調整の還付金とで、流動性資産の比率が高くなりました。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.5%13.3%
米国39.3%24.4%
日米以外の先進国27.3%16.9%
エマージング11.9%7.4%
合計100%62.0%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/01/05 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年11月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

前回のエントリの続報です。
12月1日、国民年金基金連合会から「掛金の年単位拠出について」というお知らせが発表されました。

 https://www.ideco-koushiki.jp/library/pdf/annual_unit_contribution_291201revision.pdf

上記によると、掛金を年単位で拠出したい場合は、「加入者月別掛金額登録・変更届(K-030)」によって手続きを行うことになるようです。

さて、11月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年11月30日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.4%+0.20円+0.9%+16.6%+48.7%
2海外株式49.5%-0.10円+1.0%+7.3%+74.1%
3国内債券17.1%-0.10円±0%-0.2%+1.3%
4海外債券0.3%±00円-1.1%+55.1%+94.4%
5REIT1.7%+0.130,000円-0.9%-5.8%+108.6%
6純金積立2.7%±010,250円-0.5%+4.9%+22.5%
投資合計84.7%+0.140,250円+0.6%+8.8%+66.2%
7流動性資産15.3%-0.1
総計100%

月間のトータルリターンは、0.6%のわずかなプラスでした。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.3%13.4%
米国39.4%24.8%
日米以外の先進国27.6%17.4%
エマージング11.6%7.3%
合計100%62.9%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/12/04 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2017年11月現在のアセットロケーション

こんにちは。中田たろうです。

IDeCo、NISA口座、特定口座、一般口座に加えて、来年からはつみたてNISAもスタートします。
非課税制度を有利に活用するために、どの口座で何を購入すればいいか、資産の置き場所である「アセットロケーション」を検討することは、これからの資産運用で大切な要素の一つです。

私のアセットロケーションについて、今の状況を確認しました。

続きを読む »

2017/11/22 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年10月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

10月は日経平均やNYダウが、連日のように高値を更新しました。

私がリスク資産への投資を始めた2007年も、日経平均はITバブル後の高値を更新し、NYダウが史上最高値を更新した年でした。
そして、翌年の秋、リーマンショックがありました。

10年前の相場の過熱感と今の株式相場とは、何かが似ているような、そんな感じがしています。
バブルはいつまでも続くように見えて、しかし、いつかは崩壊するのです。

さて、10月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年10月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.2%+0.30円+4.6%+15.5%+47.4%
2海外株式49.6%+0.50円+2.9%+6.2%+72.3%
3国内債券17.2%-0.40円±0%-0.2%+1.3%
4海外債券0.3%±00円+0.9%+56.8%+96.6%
5REIT1.7%±00円-0.7%-5.0%+110.4%
6純金積立2.7%±010,250円+0.1%+5.5%+23.2%
投資合計84.6%+0.310,250円+2.4%+8.2%+65.3%
7流動性資産15.3%-0.3
総計100%

保有資産の総額は、昨年9月末以降、13か月連続で増えています。
こういうときは、「休むも相場」です。
追加投資は休んでいても、ストロングホールドしている資産はしっかり働いています。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.1%13.2%
米国39.0%24.5%
日米以外の先進国28.3%17.7%
エマージング11.7%7.4%
合計100%62.8%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/11/03 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年9月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

金融機関各社から、来年からの「つみたてNISA」の口座開設の案内が発表されています。
私はこれまで、SBI証券のNISA口座で主に米国ETFを取り引きしていますが、来年以降は同社で、つみたてNISAを活用する方向で検討しています。
ウエブサイトでつみたてNISAの予約受付を開始していたので、手続きを行って「勘定変更依頼書」を請求しました。

積み立て頻度や1回あたりの購入金額の条件など、つみたてNISAに関してもう少し情報が出てきてから、つみたてNISAか、現行NISAか、来年はどちらを選択するか判断します。
「40万円を年1回投資」もしくは「1回あたり20万円を年2回で投資」が可能であれば、つみたてNISAを選択します。
私はドルコストでの自動積立には興味がありませんが、「非課税期間の20年間をつみたてNISAでうまく活用できれば」と思っています。

さて、9月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年9月30日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.0%±00円+4.1%+10.4%+40.8%
2海外株式49.1%+0.50円+3.5%+3.2%+67.4%
3国内債券17.5%+1.11,000,000円-0.1%-0.2%+1.3%
4海外債券0.3%±00円+1.2%+55.5%+94.9%
5REIT1.7%±00円+1.0%-4.3%+111.9%
6純金積立2.8%-0.110,250円-0.2%+5.4%+23.0%
投資合計84.3%+1.51,010,250円+1.7%+5.7%+61.4%
7流動性資産15.7%-1.5
総計100%

好調な相場に支えられて、保有資産が順調に増えています。
昨年9月から12か月連続で、資産総額は毎月プラス成長で、先月も過去最高額を更新しました。
こういうときこそ、リスクを取りすぎていないか、資産状況のチェックが大事です。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本20.9%13.0%
米国39.1%24.2%
日米以外の先進国28.3%17.6%
エマージング11.7%7.3%
合計100%62.0%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/10/03 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年8月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

私はアセットアロケーションに、生活防衛資金を含むすべての流動性資産を合わせて計算しています。
毎月の給与所得によって、流動性資産の残高は変動しています。

今年2月末には、流動性資産の比率は15.5%でしたが、半年後の8月末には17.2%まで上昇しました。
比率調整のためにリスク資産へ追加投資すべき頃合いなので、ちょうどいいタイミングで株価の調整があればいいなと、心の中で思っています。

さて、8月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年8月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.9%±00円-0.6%+6.0%+35.2%
2海外株式48.6%-0.50円-0.5%-0.3%+61.7%
3国内債券16.4%±00円±0%±0%+1.4%
4海外債券0.3%±00円+1.0%+53.6%+92.6%
5REIT1.7%±00円-0.7%-5.3%+109.7%
6純金積立2.9%+0.110,250円+2.9%+5.6%+23.3%
投資合計82.8%-0.510,250円-0.2%+3.9%+58.8%
7流動性資産17.2%+0.5
総計100%

月間リターンはわずかにマイナスでした。
しかし、(表に数字はないですが)保有資産総額は、過去最高額を更新しました。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.0%12.9%
米国38.9%23.9%
日米以外の先進国28.0%17.2%
エマージング12.1%7.4%
合計100%61.5%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/09/05 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年7月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

ここのところの株高で、私の資産は順調に成長しています。
資産総額で見ると11か月連続の純増で、7月末の総額は過去最高を更新しています。

相場が好調な時期は、資産状況をモニタリングする以外に、私は投資でやることがほとんどありません。
投資の待機資金をしっかりと確保して、将来、相場が軟調になるときに備えます。

 (表1)2017年7月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.0%-0.10円+0.3%+6.6%+36.0%
2海外株式49.1%+0.50円+1.7%+0.1%+62.5%
3国内債券16.5%-0.10円±0%±0%+1.4%
4海外債券0.3%±00円-1.5%+52.1%+90.6%
5REIT1.8%±030,00円-3.0%-4.6%+111.3%
6純金積立2.8%±010,250円+0.2%+2.6%+19.8%
投資合計83.3%+0.340,250円+0.9%+4.2%+59.2%
7流動性資産16.7%-0.3
総計100%

7月は資産の変動がほとんどありませんでした。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本20.9%13.0%
米国38.9%24.2%
日米以外の先進国28.3%17.6%
エマージング11.9%7.4%
合計100%62.0%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/08/04 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年6月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

先月は、個人型DC口座のインデックス投信を売却して、ほぼ同額の米国ETFを購入する「リレー投資」を実行しました。
そのときに、国内株式と米国以外先進国株式のETFであるVEAへのリレーをやや厚め、米国株式のETFであるVTIをやや薄めに購入しました。
そして、ボーナスが入りました。
それらによって、資産状況がわずかに変化しました。

 (表1)2017年6月30日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.1%+0.718,981円+0.3%+6.3%+35.6%
2海外株式48.6%-1.20円-5.8%-1.5%+59.7%
3国内債券16.6%-0.40円±0%-0.1%+1.4%
4海外債券0.3%±00円+1.1%+54.4%+93.5%
5REIT1.7%±00円+1.0%-1.7%+117.8%
6純金積立2.8%-0.110,250円-0.3%+2.4%+19.6%
投資合計83.0%-1.029,231円+0.6%+3.3%+57.8%
7流動性資産17.0%+1.0
総計100%

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.2%13.1%
米国39.2%24.2%
日米以外の先進国27.9%17.2%
エマージング11.6%7.2%
合計100%61.7%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/07/05 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年5月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

国内外の株式市場は好調のようですが、このタイミングで、非課税の個人型DC口座から課税口座の米国ETFへ、リレーを実行する準備をすすめています。
このリレーによって、いくつかのメリットが得られる可能性が高くなると考えています。
詳しくは、リレーの実行後に報告します。

さて、今年7月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年5月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.4%+0.10円+2.5%+6.1%+35.3%
2海外株式49.8%+0.123,000円+1.2%+4.5%+69.6%
3国内債券17.0%-0.20円±0%-0.1%+1.4%
4海外債券0.3%±00円+0.4%+52.6%+91.3%
5REIT1.7%±00円-0.6%-2.7%+115.5%
6純金積立2.8%-0.110,250円-1.5%+2.7%+20.0%
投資合計84.0%±033,250円+0.9%+2.7%+56.9%
7流動性資産16.0%±0
総計100%

5月の月間リターンはプラス0.9%で、わずかなプラスでした。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本19.9%12.4%
米国43.5%27.0%
日米以外の先進国25.5%15.8%
エマージング11.2%7.0%
合計100%62.2%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/06/04 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»