資産状況 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング
FC2ブログ

18年8月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

今日から5日間、遅めの夏休みで、北海道を旅してきます。
今回も、クレジットカードでの買い物で貯まったマイレージを利用して、無料航空券で往復します。

約10年ぶりに、十勝方面の温泉を巡ります。
現地での宿泊は、すべて携帯電話の電波が届かない山奥の秘湯で、とても楽しみです。
ヒグマが生息しているエリアですので、山間部での行動は用心しなければなりません。
しかも、勢力が非常に強い台風が接近しているので、安全第一で行動します。

さて、先月末の資産状況を報告します。

 (表 1)2018年8月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.3%-0.20円-1.5%-5.2%+42.5%
2海外株式48.1%+0.20円+0.2%+0.9%+77.7%
3国内債券17.8%±00円±0%-0.1%+1.2%
4海外債券0.3%±00円+0.7%-3.1%+88.1%
5REIT1.8%±00円+1.9%-2.2%+106.9%
6純金積立2.5%-0.110,250円-4.0%-9.3%+11.8%
投資合計82.9%±010,250円-0.1%-1.7%+64.7%
7流動性資産17.1%±0
総計100%

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本20.4%12.3%
米国42.6%25.7%
日米以外の先進国26.3%15.9%
エマージング10.7%6.5%
合計100%60.4%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/09/04 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

18年7月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

ここ数か月、ブログの更新をかなり怠けています。
私の場合、「株価とブログ更新意欲は反比例」の関係です。

今月前半には「トルコショック」がありましたが、あの程度の変化で「ショック」という表現は大げさすぎる気がします。

「一度買ったらストロングホールド」していますが、追加購入は相場と資産状況の変化を見ながら判断しています。
年内に「買い」のタイミングは来るでしょうか。
私は今年分のつみたてNISAで40万円の投資枠全額を空けて、そのときをずっと待っています。

さて、ずいぶん遅くなりましたが、7月末の資産状況を報告します。

 (表 1)2018年7月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.5%-0.20円+1.0%-3.7%+44.7%
2海外株式47.9%+0.90円+3.7%+0.8%+77.4%
3国内債券17.7%+1.11,000,000円-0.1%-0.1%+1.2%
4海外債券0.3%±00円+0.2%-3.8%+86.8%
5REIT1.8%±00円+0.4%-3.9%+103.1%
6純金積立2.6%±010,250円-0.4%-5.5%+16.5%
投資合計82.9%+1.71,010,250円+1.2%-1.6%+64.9%
7流動性資産17.1%-1.7
総計100%

先月は、個人向け国債を買い増しして、保有比率を調整しました。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本20.7%12.5%
米国41.3%25.0%
日米以外の先進国26.7%16.1%
エマージング11.3%6.8%
合計100%60.4%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/08/21 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

18年6月末の資産状況

こんにちは、中田たろうです。

6月下旬に4日間、北海道を旅しました。
クレジットカードでの買い物で得たマイレージで、無料航空券を使いました。

道南から道央の温泉を、8か所、巡りました。
すべて源泉かけ流し、大満足でした。
おいしいお寿司、ウイスキーも楽しみました。

さて、6月末の資産状況を報告します。

 (表 1)2018年6月30日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.7%-0.30円-1.1%-4.7%+43.3%
2海外株式47.0%-0.70円-0.1%-2.8%+71.0%
3国内債券16.6%-0.20円±0%±0%+1.3%
4海外債券0.3%±00円+2.1%-4.0%+86.4%
5REIT1.8%±00円+3.3%-4.3%+102.3%
6純金積立2.7%-0.110,250円-2.1%-5.1%+16.9%
投資合計81.1%-1.210,250円-0.1%-2.7%+63.0%
7流動性資産18.9%+1.2
総計100%

月間のトータルリターンは、先月に引き続きマイナス0.1パーセントで、ほぼ現状維持でした。
しかし、ボーナスが入った分、流動性資産の比率がやや増えました。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.3%12.7%
米国40.9%24.5%
日米以外の先進国26.5%15.9%
エマージング11.3%6.7%
合計100%59.8%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/07/09 09:00 | 資産状況COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

18年5月末の資産状況

こんにちは、中田たろうです。

1か月ぶりの更新です。
前回も1か月以上、ブログをお休みしていて、「5月病だったのかもしれません」と書きましたが、どうやら、6月も「5月病」が続いていたようです。
7月からは、ちょっとずつ、元のペースに戻していけそうかなと思っています。

さて、1か月遅れではありますが、5月末の資産状況を報告します。

 (表 1)2018年5月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.0%-0.30円-1.7%-3.6%+44.9%
2海外株式47.7%+0.20円+0.2%-2.7%+71.3%
3国内債券16.8%±00円±0%±0%+1.3%
4海外債券0.3%±00円+0.9%-6.0%+82.6%
5REIT1.8%±00円+2.6%-7.3%+95.9%
6純金積立2.7%±010,250円-1.4%-3.1%+19.5%
投資合計82.3%±010,250円-0.1%-2.6%+63.2%
7流動性資産17.7%±0
総計100%

月間のトータルリターンは、マイナス0.1%で、現状維持でした。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.4%13.0%
米国40.1%24.3%
日米以外の先進国26.9%16.3%
エマージング11.7%7.1%
合計100%60.7%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/07/02 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

18年4月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

前回のエントリから1か月半以上、ブログの更新を休んでいました。
何か特別な理由があったわけではないのですが、ある種の「5月病」だったのかもしれません。

さて、今さらではありますが、4月末(5月末ではありません)の資産状況を報告します。

 (表 1)2018年4月30日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.2%+0.20円+3.8%-1.9%+47.5%
2海外株式47.5%+0.60円+2.7%-2.9%+70.9%
3国内債券16.8%-0.30円±0%±0%+1.3%
4海外債券0.3%±00円+0.8%-6.8%+81.0%
5REIT1.7%±00円+2.8%-9.7%+91.0%
6純金積立2.8%±010,250円+2.1%-1.0%+22.0%
投資合計82.3%+0.410,250円+2.4%-2.4%+63.5%
7流動性資産17.7%-0.4
総計100%

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.8%13.2%
米国39.1%23.7%
日米以外の先進国27.2%16.5%
エマージング11.9%7.2%
合計100%60.7%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/06/02 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

18年3月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

3月は、株価が下がって、上がって、やや大きく動きました。
大きく下がったときに、何か買おうかと考えたのですが、「もう少し下がってから」と思っているうちに株価がすぐに上がってしまったので、結局何も買いませんでした。
いつかまた、買いのチャンスがあるはずです。
それまで、あわてずじっくり待ちます。

さて、3月末の資産状況を報告します。

 (表1)2018年3月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.1%±00円-1.8%-5.5%+42.1%
2海外株式46.9%-0.70円-1.7%-5.5%+66.3%
3国内債券17.2%+0.10円±0%±0%+1.3%
4海外債券0.3%±00円+1.3%-7.6%+79.6%
5REIT1.7%±00円+0.9%-12.1%+85.7%
6純金積立2.8%±010,250円-0.5%-3.1%+19.5%
投資合計81.9%-0.610,250円-1.3%-4.7%+59.6%
7流動性資産18.1%+0.6
総計100%

3月の月間リターンは、マイナス1.3%でした。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.8%13.1%
米国39.1%23.4%
日米以外の先進国27.0%16.2%
エマージング12.1%7.3%
合計100%60.0%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/04/02 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

18年2月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

2月は国内外で株価が大きく動きました。
1月末からの1か月間で、私の資産は含み益が数百万円も減りました。

リスク資産を長期保有するときに、そのくらいの変動は当然のことです。
一切、不安を感じたりはしません。
逆に、もっと下がってくれたら、将来のために安くたくさん買うことができるのに、と思っています。

3月以降の株価がどうなるか、私には分かりませんが、しばらくは何もしないで、購入のタイミングを待ちます。

さて、2月末の資産状況を報告します。

 (表1)2018年2月28日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.1%-0.20円-5.1%-3.7%+44.7%
2海外株式47.7%-1.50円-6.2%-3.9%+69.2%
3国内債券17.0%+0.60円±0%±0%+1.3%
4海外債券0.3%±00円-3.6%-8.7%+77.3%
5REIT1.7%±030,000円-7.6%-12.9%+84.1%
6純金積立2.7%±010,250円-2.8%-2.6%+20.0%
投資合計82.5%-1.040,250円-4.7%-3.5%+61.7%
7流動性資産17.5%+1.0
総計100%

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.5%13.1%
米国39.4%24.0%
日米以外の先進国27.0%16.4%
エマージング12.0%7.3%
合計100%60.7%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/03/02 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

18年1月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

松井証券が、今年3月下旬から、個人型確定拠出年金の取り扱いを開始すると発表しました。

 個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の取扱いが始まります!~2018年3月下旬より~
 https://www.matsui.co.jp/news/2018/detail_0129_02.html

上記のウエブサイトを見ると、マネックス証券とほぼ同じような低コストインデックス投信を揃えています。
かなりの本気を感じる商品ラインナップです。
現在、私はSBI証券で個人型DC口座を開設していますが。乗り換えの有力候補の一つとして考えてみます。

さて、1月末の資産状況を報告します。

 (表1)2018年1月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
昨年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.3%-0.10円+1.5%+19.6%+52.5%
2海外株式49.2%+0.50円+2.5%+11.2%+80.3%
3国内債券16.4%-0.20円±0%-0.2%+1.3%
4海外債券0.3%±00円-5.4%+46.7%+83.9%
5REIT1.7%±030,000円-5.8%-10.0%+99.2%
6純金積立2.7%±010,250円+0.2%+5.7%+23.5%
投資合計83.5%+0.210,250円+1.3%+11.1%+69.7%
7流動性資産16.5%-0.2
総計100%

1月も着実に月間リターンがプラスで、トータルリターンで70%プラスが目前です。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.2%13.3%
米国39.3%24.5%
日米以外の先進国27.3%17.1%
エマージング12.2%7.6%
合計100%62.5%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/02/02 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年12月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

2018年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

昨日、帰省先から自宅へ帰りました。
毎年恒例ですが、マイレージの無料航空券を使って旅費を安く済ませることができました。
いわゆる「陸マイラー」で、日常の買い物はたとえ数百円の少額であっても極力クレジット決済して、マイルを貯めています。
また、帰省の移動中にちょっと遠回りして、年末と年始にそれぞれ極上の温泉(お湯は極上ですが料金は庶民的)へ立ち寄りました。

まず、昨年の投資状況をふりかえってみます。
分配金の再投資や低コスト商品への乗り換え等を除いた年間の追加投資額は、

 国内株式 18,981円
 海外株式 115,000円
 国内債券 1,500,000円
 REIT 60,000円
 純金積立 115,855円

上記の合計が約180万円です。
さらに、流動性資産の総額が1年前から約160万円も増えています。
1年間のトータルでは約340万円が、貯蓄と投資へ充てた「純増分」になります。

一昨年の純増分は270万円強だったので、前年比で大きく上積みができました。
給与が少し増えたこと、ETFの分配金が増えたこと、同僚との外食などの交際費がやや減ったこと、一昨年はパソコンの買い替えなどいくつか高額の買い物をしたことなど、複数の要因が重なったからだと分析しています。
今年も、自己投資や生活の質を削らない範囲でもう少し節約を心がけて、この金額を増やしたいです。

さて、昨年12月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年12月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.3%-0.10円+1.1%+17.9%+50.3%
2海外株式48.7%-0.80円+1.1%+8.5%+76.0%
3国内債券16.6%-0.40円±0%-0.2%+1.3%
4海外債券0.3%±00円-0.1%+55.0%+94.3%
5REIT1.7%±00円+1.3%-4.5%+111.4%
6純金積立2.7%±010,250円+0.6%+5.6%+23.3%
投資合計83.3%-1.410,250円+0.8%+9.7%+67.5%
7流動性資産16.7%+1.4
総計100%

月間のトータルリターンは、0.8%のわずかなプラスでした。
ボーナスと年末調整の還付金とで、流動性資産の比率が高くなりました。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.5%13.3%
米国39.3%24.4%
日米以外の先進国27.3%16.9%
エマージング11.9%7.4%
合計100%62.0%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2018/01/05 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年11月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

前回のエントリの続報です。
12月1日、国民年金基金連合会から「掛金の年単位拠出について」というお知らせが発表されました。

 https://www.ideco-koushiki.jp/library/pdf/annual_unit_contribution_291201revision.pdf

上記によると、掛金を年単位で拠出したい場合は、「加入者月別掛金額登録・変更届(K-030)」によって手続きを行うことになるようです。

さて、11月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年11月30日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.4%+0.20円+0.9%+16.6%+48.7%
2海外株式49.5%-0.10円+1.0%+7.3%+74.1%
3国内債券17.1%-0.10円±0%-0.2%+1.3%
4海外債券0.3%±00円-1.1%+55.1%+94.4%
5REIT1.7%+0.130,000円-0.9%-5.8%+108.6%
6純金積立2.7%±010,250円-0.5%+4.9%+22.5%
投資合計84.7%+0.140,250円+0.6%+8.8%+66.2%
7流動性資産15.3%-0.1
総計100%

月間のトータルリターンは、0.6%のわずかなプラスでした。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.3%13.4%
米国39.4%24.8%
日米以外の先進国27.6%17.4%
エマージング11.6%7.3%
合計100%62.9%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/12/04 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»