外国債券 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング

米ドルMMFを外貨決済で売却⇒実質的な損失はゼロでも譲渡損失を計上

こんにちは。中田たろうです。

日銀のマイナス金利政策により、先月末から為替が一時的に円安へ動きましたが、今週は114円台まで円高へ振れました。
そこで、SBI証券で保有している米ドルMMFの全額を、外貨決済で売却して、米ドル預り金にしました。

これにより、実質的な損失はゼロですが、特定口座内では譲渡損失が計上されました。

続きを読む »

2016/02/12 09:00 | 外国債券COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

円安に乗じて米ドルMMFを売却

こんにちは、中田たろうです。

先週末の米国市場で、米ドルが123円台の円安になりました。
先月、米ドルゼロクーポン債の一部を外貨決済で売却して、米ドルMMFでプールしていたので、これをすべて円転しました。

続きを読む »

2015/11/11 09:00 | 外国債券COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

外貨MMFの整理を検討(補足)

こんにちは。中田たろうです。

先月のエントリで、保有している外貨MMFの整理を検討しました。

 2015/04/15「外貨MMFの整理を検討」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-852.html

今回のエントリでは「来年1月に外貨MMFが特定口座へ移管できる」という仮定のもとで検討しています。
移管の可否については、各金融機関でご確認ください。


とまとめていますが、実は、特定口座への移管ができないときでも、一般口座での取り引きは同じように行っても差し支えありません。

続きを読む »

2015/05/14 09:00 | 外国債券COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

外貨MMFの整理を検討

こんにちは。中田たろうです。

2016年から、外国債券や外貨MMFの税制が大きく変わります。
前々回のエントリでは、ゼロクーポン債の売却を検討しましたが、今回は外貨MMFについて検討してみます。

今、私が保有している外貨MMFは、3つの証券会社に分かれています。

1)SBI証券の米ドルMMF
米国ETFの分配金を米ドルで受け取って、一時的に米ドルMMFへ再投資しているものがあります。
平均購入単価は105円強です。

2)野村證券ほっとダイレクトのユーロMMF
2010年以降に積み立てで購入したものと、今年3月にユーロ建てゼロクーポン債を外貨決済で売却したものがあります。
平均購入単価は127円強です。

3)大和証券の米ドルMMF
2011年に購入したものがあります。
その半分強は今年3月に売却しましたが、残りが600ドル弱あります。
平均購入単価は81円強です。

これらをどう整理するか、それぞれについて検討してみます。

続きを読む »

2015/04/15 09:00 | 外国債券COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ゼロクーポン債の売却を検討

こんにちは。中田たろうです。

前々回のエントリでも少し触れましたが、来年1月以降、外国債券の税制が大きく変わり、株式などと同じように、売却益に対して税率20%の申告分離課税となります。
私は米国債と仏国債のゼロクーポン債を保有していますが、税制改正の前に中途売却した場合と、償還まで持ち切った場合とで、どちらが有利か検討してみます。

続きを読む »

2015/03/23 09:00 | 外国債券COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ゼロクーポン債と外債インデックスファンドと為替リスク

こんにちは。中田たろうです。

いろいろな投資ブログを見ていると、「為替リスクは債券クラスではなく株式クラスへ充てた方がよい」という考え方を目にします。
外国債券への投資について、ネガティブな意見を持っている方もいらっしゃるようです。
投資におけるリスクの考え方、リスクの取り方が人それぞれで異なるのは、当然だと思います。

私は外債の主力を長期ゼロクーポン債にしています。
保有しているのは米ドル建てで残存13~16年の5銘柄、ユーロ建てで残存19年の1銘柄です。
そのほとんどは、2007年に購入しました。
その後、2008年にはリーマンショックがあり、大きな円高になりました。
今年のギリシャショックでは、ユーロ安の影響を大きく受けています。
保有しているゼロクーポン債の通算での損益は、マイナスになっています。

毎月末ごとに、ゼロクーポン債の評価額を記録してきたので、直近の2年間で評価額がどのように変化をしてきたかを一覧表にしてみました。
合わせて、STAMグローバル株式、STAM TOPIX、STAMグローバル債券の基準価額の変化も調べてみました。

続きを読む »

2010/06/16 09:00 | 外国債券COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

SBIとマネックスの既発外債の単価を調査

こんにちは。中田たろうです。

私が口座を開設しているSBI証券とマネックス証券で、既発外債の取り扱いが少し充実してきました。
2010年5月18日現在、取り扱い銘柄数は、SBI証券が9銘柄、マネックス証券が7銘柄です。

ネット証券は為替手数料が安いものの、かつては外貨決済が不可で、扱っているのは南アランドなど新興国通貨の債券ばかりというイメージでした。
しかし、2年前に外貨決済サービスが始まり、最近は米ドルのゼロクーポン債などオーソドックスで資産運用のコアになるような銘柄を扱うようになっています。
「外債投資は大手証券がよい」と思っていましたが、少し状況が変わってきたようです。

ネット証券の外債を投資対象として検討するため、外債投資で最も重要な単価や利回りの調査を行いました。

続きを読む »

2010/05/19 09:00 | 外国債券COMMENT(2)TRACKBACK(1)  TOP

ユーロ建ての長期債への投資は悩ましい

こんにちは。中田たろうです。

今週月曜日、「上場外債」の分配金が1口あたり204円出ていました。
このETFの分配金については3/16のエントリでもふれていますので、その文章を引用しますが、

為替リスクがあるので分配金の額は変動する可能性がありますが、仮に毎月200円強の分配金とすれば、年間で2,400円強になります。
基準価額が5万円弱なので、分配金利回りは年率5%前後の計算になります。

そうすると、分配金から税金が10%引かれれば、課税コストで年率0.5%前後を失うことになります。
外債インデックスファンドより信託報酬は低いですが、トータルのコストではやや不利ではないかと思います。

ということで、このETFはちょっと残念なものになっています。

さて、私は今月からユーロ建てMMFの積み立て投資を再開しました。
将来的には長期ゼロクーポン債へのリレー投資を想定しています。

外債投資はネット証券ではなく、大手証券で行ったほうがいいだろうと思っています。
ネット証券は為替手数料が安いものの、販売している債券の銘柄数が少なく、自分が思い描くような債券ポートフォリオを構築することが難しいからです。

私は米ドルとユーロの外債を保有しています。
これまでの数年間の観察によると、米ドル建てゼロクーポン債を購入する場合は、大和証券で購入するのが有利になるケースが多いだろうと思っています。
しかし、ユーロ建て債券の場合は、どこの証券会社がいいか一筋縄ではいかないと思っています。

続きを読む »

2010/04/14 09:00 | 外国債券COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

山崎元氏が「上場外債」を評価していますが…

こんにちは。中田たろうです。

1週間前になりますが、山崎元氏が読売新聞のコラムで「上場外債」(1677)を評価されています。

 読売新聞・山崎流マネーここに注目「外債投資もインデックス・ファンドで」
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/trend/yamazaki/20091016-OYT8T00462.htm

私はこのコラムを読んで、「この人の投資理論は一流だが、上場外債への評価は疑問」だと思いました。

「100万円を上場外債へ投資した場合」と「100万円を外債インデックスファンドへ投資した場合」の、運用収益の期待値を試算してみます。
その結果を見れば、私が山崎氏へ「疑問」を感じた理由を理解していただけるのではないかと思います。

続きを読む »

2009/10/23 09:00 | 外国債券COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

シティグループ世界国債インデックス連動の国内ETFは要注意?(補足)

こんにちは。中田たろうです。

今日のエントリは、下記の前回エントリについての「補足」になります。

 9/9「シティグループ世界国債インデックス連動の国内ETFは要注意?」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-515.html

続きを読む »

2009/09/11 09:00 | 外国債券COMMENT(2)TRACKBACK(1)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»