ETF・インデックスファンド 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング

どの低コストファンドを選ぶのか

こんにちは。中田たろうです。

私は10年前にリスク資産への投資を始めた当初から、外国株式クラスへの投資では米国ETFを使っています。
インデックス投信に比べると保有コストの低さがかつては大きな魅力でした。

しかし、この1~2年で、複数の超低コストの外国株式インデックス投信が相次いで一般販売されました。
先進国株式インデックス投信の信託報酬(年率。税抜)は、ニッセイとeMAXIS Slimの2銘柄が0.2%、大和のiFreeが0.21%、たわらが0.225%です。
コスト面での米国ETFの優位性は相対的に低くなりました。

米国ETFは、売買注文や、外国税額控除の確定申告など、インデックス投信に比べると管理の手間がちょっと面倒です。
これから新規にインデックス投資を始めるならば、米国ETFを使わなくてもいいんじゃないか、とも思っています。

続きを読む »

2017/02/23 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

新しい低コストインデックス投信の登場でどうするか(後)

こんにちは。中田たろうです。

先週の続きで、REITファンドを乗り換えるかどうか、具体的に検討してみます。

今、私は、SBI証券の特定口座で、「eMAXIS国内リートインデックス」と「eMAXIS先進国リートインデックス」の2銘柄を保有しています。
信託報酬が、前者は年率0.432%、後者は同じく0.648%です。
同じベンチマークのインデックス投信で、これより保有コストが低いものがいくつか登場しました。

大和のiFreeシリーズからは、国内RIETが年率0.3132%、海外REITが0.3348%です。
そして、9/23からはさらに低コストな、「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」が年率0.2808%、「三井住友・DC外国リート・インデックスファンド」が0.3024%で、一般販売が始まりました。

続きを読む »

2016/09/28 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

新しい低コストインデックス投信の登場でどうするか(前)

こんにちは。中田たろうです。

9月8日から、iFreeインデックスシリーズ12本がSBI証券と楽天証券で販売されました。
下記のリンク先の通り、信託報酬は最安クラスのインデックス投信です。

https://site0.sbisec.co.jp/marble/fund/powersearch/fundpsearch.do?Param7=tab_commission%2Csort_280%2C1&Param6=iFree

これらを購入するかどうか、検討してみました。

続きを読む »

2016/09/21 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

SBI証券が米国株式・ETFの取引手数料を値下げへ

こんにちは。中田たろうです。

先週、SBI証券が米国株式・ETFの取引手数料の値下げを発表しました。

 SBI証券-【手数料 業界最安水準】米国株式 手数料大幅引き下げ!!
 https://goo.gl/8TRcOq

私はSBI証券で米国ETFを取り引きしています。
同社では、課税口座での売買時、およびNISA口座での売却時には、これまで税込み27ドル(1,000株まで)の取引手数料が必要でした。
これが7月11日からは、最大で税込21.6ドルへの値下げになります。
NISA口座での買付時は手数料ゼロですが、それ以外の取り引きのときに手数料が安くなるのは歓迎です。

続きを読む »

2016/07/13 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「たわらノーロード新興国株式」が新規設定でどうするか

こんにちは、中田たろうです。

先月下旬、数多くの投信ブログで、「来週14日、DIAMアセットマネジメント社が、たわらノーロード新興国株式を新規設定」という話題が取り上げられていました。
信託報酬は年率0.495%(税抜)で、国内で一般販売される新興国株式インデックス投信の中では、最も低い保有コストです。

このファンドへの投資をどうするか、検討してみました。

続きを読む »

2016/03/11 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

外貨MMFの税制改正で米国ETFの分配金をどうするか

こんにちは。中田たろうです。

昨年末、米国ETFの4銘柄からの分配金が、米ドルで1千ドル強、入金がありました。

私が保有している4銘柄は、半年ごと、あるいは4半期ごとに分配金があります。
これまで、分配金は一時的に米ドルMMFで運用して、その後、適時、米国ETFへ再投資していました。

今日、SBI証券のウエブサイトでログインしてみると、米ドルMMFは「特定預り」と表示されていました。
「取得為替」が122.89円となっていました。
昨年までは「一般預り」だったのですが、今年からの税制改正が反映されていました。

外貨MMFの為替差益は昨年まで非課税でしたが、今年からは課税されます。
そのため、米国ETFの分配金を米ドルMMFへ再投資するかどうか、判断が難しいと思っています。

続きを読む »

2016/01/04 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(10)TRACKBACK(0)  TOP

【改定】SBI証券が外国株式の特定口座対応を12月開始でどうするか

こんにちは。中田たろうです。

SBI証券での米国株式・ETFの特定口座対応について、2015年12月29日国内約定日(2015年12月28日現地約定日)以降からと発表がありました。
今年8月に同社がアナウンスした内容と相違点があるので、下記のエントリで検討した内容を修正しなければなりません。

 2015/8/17「SBI証券が外国株式の特定口座対応を12月開始予定でどうするか」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-862.html

SBI証券の米国ETFをどうするか、あらためて検討してみます。

続きを読む »

2015/11/26 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ニッセイ外国株式インデックスファンドが信託報酬の引下げでどうするか

こんにちは、中田たろうです。

先週の後半から週末にかけて、勤務先でのイベント対応で慌ただしくしていたのですが、それが一段落して16日の夜に帰宅後、パソコンを開いたときに、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」が、信託報酬を年率0.39%から0.24%(いずれも税抜き)へ引き下げ」のニュースを見つけました。

インデックス投資家には、非常に嬉しいお知らせです。
ニッセイアセットマネジメント社には、大きな拍手を送ります。

このファンドを購入するかどうか、検討してみます。

続きを読む »

2015/11/19 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

米国ETFから受け取った分配金累計額が2万米ドルを超えました

こんにちは、中田たろうです。

今月2日に、私が保有している米国ETFのうち、VTI(米国株式)、VWO(新興国株式)、VSS(米国を除くグローバル中小型株式)の3銘柄の分配金が入金されました。

私は2007年夏から米国ETFへの投資を始めました。
今は上記3銘柄に加えて、EFA(米国を除くグローバル先進国株式)を加えた4銘柄を保有しています。
私がこれまでの8年間に受け取った分配金累計額(税引き後)を集計してみると、2万米ドルを超えていました。

続きを読む »

2015/10/13 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

東証上場のTOPIX連動ETFの比較

こんにちは。中田たろうです。

先日、DIAMアセットマネジメント社が、TOPIX連動のETFを東証へ新規上場させました。
信託報酬は年率0.078%(税抜)で、国内最安と同等です。
詳細は下記でご確認ください。

 http://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/files/1473-j.pdf

今、TOPIXをベンチマークとする東証上場のETFは、5銘柄あります。
野村(1306)、三菱UFJ国際(1348)、大和(1305)、日興(1308)、DIAM(1473)です。
三菱UFJ国際(1348)は2009年に上場した比較的新しい銘柄で、野村、大和、日興の3銘柄は10年以上の歴史を重ねている銘柄です。

国内ETFは、目論見書に明記されている「信託報酬」だけでなく、決算ごとに「その他費用」が計上されており、実質的な運用コストは決算内容を確認することで「事後」に明らかになります。
海外ETFの場合は「エクスペンスレシオ」としてすべての経費込みでの運用コストが事前に明示されているのに比べて、やや不親切です。

上記5銘柄のうち、上場したばかりで決算が出ていないDIAMを除く4銘柄の決算状況と実質的なコストを確認してみました。

続きを読む »

2015/09/25 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»