確定申告・外国税額控除 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング

所得税の還付金が銀行口座へ入金されました

こんにちは。中田たろうです。

早いもので2017年も2か月が過ぎて、今日から3月ですね。
少しずつ春の訪れを感じるようになる季節ですが、同時に花粉症もたいへんになってきます。
私は昨年までは「軽症」で済んでいて、今年はまだ症状が出ていないのですが、これからどうなるでしょうか。

さて、先日、確定申告による所得税の還付金が銀行口座へ入金されました。

続きを読む »

2017/03/01 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2016年分の確定申告書を郵送提出

こんにちは。中田たろうです。

先月から2016年分の確定申告の準備をすすめていましたが、先日、申告書を郵送提出しました。
当初は、低コストの米国ETFへの乗り換えのために売却したファンドの収益があったので、今年の確定申告では税金を納付することになるだろうと思っていました。
しかし、外国税額控除などと合わせて計算すると、今回は還付申告となりました。
還付申告であれば、確定申告の受付開始となる2月16日以前でも申告書の提出ができます。
そこで、先日、郵送で提出を済ませました。

続きを読む »

2017/02/09 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2016年分の確定申告を準備開始

こんにちは。中田たろうです。

米国NYダウが初の2万ドル台になりました。
ナスダック、S&P500も過去最高値を更新しています。
米国株式は好調で、私が保有しているETFのVTIは、買値から2倍以上に値上がりしました。

株式は成長と調整を繰り返します。
いつになるかは分かりませんが、いずれ下り坂を迎えるときがあるでしょう。
追加投資はしばらくお休みして、買い物の好機が来るまでじっくり待ちます。
購入済みの資産はストロングホールドです。

さて、確定申告の時期が近付いてきました。
2016年分の所得税の確定申告は、申告書の受付期間が2月16日(木)から3月15日までです。
還付申告の場合は、2月15日以前でも申告できます。

昨年の取り引きでは、SMT新興国株式インデックス・オープン、EXE-iグローバル中小型株式ファンド、KODEX200などから米国ETFへ乗り換えたときの売却益や、毎年行っている米国ETFの分配金の外国税額控除の申告などがあります。
先日、最寄りの税務署から申告用の書類を持ち帰って、記入を始めました。

続きを読む »

2017/01/26 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

住民税の普通徴収での納税通知書が届いた

こんにちは。中田たろうです。

私は2月に確定申告を行いました。
米国ETFの分配金についての外国税額控除と、中途売却したゼロクーポン債の譲渡所得などを申告しました。

ゼロクーポン債の売却益は、120万円強ありました。
昨年分の所得まで、ゼロクーポン債の中途売却はかなり強力な節税ができたので、売却益のおよそ3割にあたる約36万円を譲渡所得として申告しました。

これの所得税は、税務署からバーコード付き納付書を郵送してもらい、nanacoを使ってセブンイレブンで納めました。
私はサラリーマンですので、住民税(県民税と市民税)は給与からの源泉徴収(特別徴収)を選ぶこともできたのですが、あえて手間のかかる普通徴収を選択しました。

続きを読む »

2016/06/23 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2015年分の確定申告書を郵送提出。来年はe-Tax?

こんにちは。中田たろうです。

今週16日に、2015年分の確定申告書を郵送で税務署へ提出しました。
先月のエントリでも触れていますが、今年は初めての納付申告になりました。

 2016/1/29「2015年分の確定申告は初めての納付申告」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-884.html

今回の申告で私が調べたことを、以下にまとめておきます。

続きを読む »

2016/02/18 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2015年分の確定申告は初めての納付申告

こんにちは。中田たろうです。

毎年1月後半は、確定申告の準備にとりかかる頃です。
米国ETFの分配金の外国税額控除や、特定口座・源泉徴収なしの口座での売却益などの申告を、2009年から行ってきました。
これまでの7年分は、すべて還付申告だったのですが、今年は初めて納付の申告になります。

続きを読む »

2016/01/29 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2014年分の確定申告

こんにちは。中田たろうです。

毎年2月から3月が確定申告のシーズンです。
私は海外ETFを保有しています。
国内の証券会社で取り引きしている場合、その分配金からは、海外と国内の両方で課税されます。
NISA口座の場合は、国内の課税はゼロ円ですが、一般口座や特定口座の場合、

1)現地の外国税が税率10%で源泉徴収
2)その残りの9割に対して、20.315%(所得税+復興特別所得税15.315%、住民税5%)が源泉徴収

となりますので、実際に支払われるのは税引き前のおよそ72%になります。
しかし、外国税額控除の申告を行うと、源泉徴収された所得税と住民税の一部を取り戻すことができます。
私は毎年、還付申告を行っています。

続きを読む »

2015/03/12 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

2013年分の確定申告書を提出しました

こんにちは。中田たろうです。

1月下旬にNISA口座を開設して、先週の株安のときに4万円だけ国内株式投信を購入しました。
安いときに買い物をするのは、ちょっとだけ気分がいいです。
でも、遠い将来から見れば、この程度の値下がりは小指のさきっちょほどの違いもないでしょう。

それから、私が保有している米国ETFのEFAは、エクスペンスレシオが年率0.34%から0.33%へ下がりました。

http://us.ishares.com/product_info/fund/overview/EFA.htm

上記のウエブサイトによると、昨年末の12月31日に変更になったようです。
年率0.01%の違いは、1万ドルに対して1年間で1ドルです。
微々たるものですが、その分は投資のパフォーマンスが確実に向上するので嬉しいです。

さて、昨日、2013年分の確定申告書を税務署へ提出しました。

続きを読む »

2014/02/12 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

確定申告を準備中です

こんにちは。中田たろうです。

今年は確定申告の準備を、昨年より早めにとりかかりました。
一昨年と昨年の申告で、申告書の記入方法はほぼマスターしています。
2010年分はスラスラと書類作成できそうです。

「米国ETFの分配金の外国税額控除」と「株式等の譲渡損失と配当所得の損益通算」に関する添付書類は、すでに完成しています。
前年の書式をベースにして、数値を昨年分のものに入力しなおすだけで出来上がりました。
昨年は、ETFの分配金が出るごとに書式への数値入力を済ませていたので、年末に入金された数件の分配金についての入力処理をするだけで、添付書類は完成しました。

続きを読む »

2011/01/16 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(12)TRACKBACK(0)  TOP

金融庁の平成23年度税制改正要望について

こんにちは。中田たろうです。

10日前になりますが、8/30に金融庁から平成23年度税制改正要望のとりまとめ項目が発表されました。
証券税制の変化は、投資商品の有利・不利に関わる場合もあり、投資のリターンにも大きな影響を及ぼします。
今回発表された内容で、個人投資家にとって関係が深いと思われるポイントをまとめてみました。

続きを読む »

2010/09/09 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»