純金積立&金ETF 中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング

東証の金ETFと純金積立へ長期投資した場合の比較

こんにちは。中田たろうです。

今回は先週のエントリの続編になりますので、下記を見ていない方は、先に読んでからの方が理解が深まると思います。

 08/7/8「大証の金ETFと純金積立へ長期投資した場合の比較」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-292.html

このエントリでは、「毎月1万円を金ETF(大証)と純金積立へ投資した場合に得られるリターン」を試算してみました。
今回は同じ金ETFでも、東証の「SPDRゴールド・シェア受益証券」をバイ&ホールドで長期保有した場合と、純金積立との比較をしてみたいと思います。

東証の金ETFは、売買単位が50口で、最低でも50万円程度の投資資金が必要です。
「500万円以上の金融資産を持つ人がその資金の一部を金へ投資する」というようなケースが考えられます。

それに対して純金積立は、「ドルコストで毎月一定額を積み立てる小額投資」の場合が多いと思いますので、両者の比較は難しいのですが、なんとか比較する手法を考えてみました。

続きを読む »

2008/07/15 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

大証の金ETFと純金積立へ長期投資した場合の比較

こんにちは。中田たろうです。

私は先週ボーナスを得たのですが、そのお金は時間分散して、半年間かけて投資に充てます。
そうすると、ボーナスの半額は投資するのが3か月後以降になるので、その分をネット銀行の3か月定期預金にして、少しでも利息をかせぐことにしました。

さて、先月、金ETFと純金積立についてのコメントをもらってから、長期投資の場合にどちらが有利なのか、詳細に比較をしてみたいと思っていました。
ようやくエントリとしてまとめることができましたので、ご報告したいと思います。

まず、金投資のリターンについて、過去の実績を調べてみました。
田中貴金属工業のウエブサイトを見てみます。
 http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-gold.php
上記によると、金輸入が自由化された1973年の金価格の平均は958円、昨年の平均は2,659円(税別)です。
最も長期のデータを見ると、この24年間で平均3.1%のリターンが得られています。

金ETFはドルコスト法が使えませんが、純金積立との比較のために、仮に「毎月1万円ずつ投資できる」ものとします。

大証の金ETFの信託報酬は年率0.525ですので、金ETFの実質リターンは、
 3.1%-0.525%=2.575%
となります。
売買時の手数料は、証券会社を選べば「0円」になりますので、信託報酬以外のコストは売却益への課税(現在10%)だけになります。

これに対して純金積立は、田中貴金属工業の場合、毎月1万円の購入時に250円(2.5%)の手数料が別途必要になります。
1年間では、12万円の購入額に対して、手数料は3千円です。
さらに、売却時に2%程度のスプレッドがあります。
保有時のコストは不要ですので、リターンは3.1%として計算します。
売却益への課税は、譲渡所得の総合課税になります。
50万円の控除があり、5年以上保有した場合は売却益の1/2が課税対象になり、税率は所得額に応じて変わります。

上記の前提で、毎月1万円の積み立てを継続しつつ「バイ&ホールド」した結果、売却時のリターンがどのくらいになるか、10年間、20年間、30年間の3パターンで計算してみました。

続きを読む »

2008/07/08 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

純金積立をリタイア後にどうするか

こんにちは。中田たろうです。

最近、リタイア後の資産運用をどうすればいいか、いろいろ調べています。
「資産を売却したときに効果的な節税をする方法」をポイントに考えています。
納税額が増えれば国民健康保険の保険料も増えるので、「リターンを最大化」するには重要な問題で、投資先を決めるときにも大切な要素だと思います。
近いうちに記事としてまとめるつもりです。

さて、私が投資しているリスク資産の中で、純金積立は難しい問題があることに気づきました。
リタイアすれば給与収入がなくなるので、積み立て投資はストップすることになります。
純金積立は「休止」の仕組みがなく、積み立てをやめるときは解約するしかありません。
その場合は、購入した地金を引き出すか、売却するかのどちらかを選択することになります。

私はリタイア後も資産として保有するために純金積立を行っているので、売却ではなく地金を自分で管理するしかなさそうです。
そうすると、売却する重量を自由に決められなかったり、管理の手間が増えるので、どうすればいいか考えてみました。

続きを読む »

2008/06/14 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

金価格が1000ドル目前

こんにちは。中田たろうです。

住信SBIネット銀行のウエブサイトを見ると、「イートレ専用預金」の金利が、0.55%から0.75%へ「利上げ」されていました。
他行の円預金と比較しても、3か月以下の定期預金より高い金利です。
利息は毎月第3土曜日に支払われるので、複利効果も見逃せません。

住信SBIネット銀行 金利のご案内
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i300301CT

嬉しい改定ですが、いつのまに0.55%から変わったのでしょうか?
3/10夜の時点では、プレスリリースやお知らせのページにも記載がないので、あやうく見過ごすところでした。

さて、ここから今回の本題です。

私は昨年7月から田中貴金属のG&Pプランナーで純金積立をしています。
右肩上がりで金価格は高騰を続け、昨日の田中貴金属での小売価格は3414円でした。
7月は2600円前後でしたから、約3割も値上がりしています。

株式や債券との分散効果をねらって純金積立への投資を始めたのですが、リスク資産の中で唯一のプラスをキープしていて、その効果を実感しています。
また、消費税が増税したときに、購入時と売却時の税率の差額分を無リスクで得ることができます。

世界での金取引は、先物はNY、現物はロンドン金市場が高い地位を占めているようです。
それぞれの取引価格は、下記のサイトで確認できます。

NY金先物市場
http://futuresource.quote.com/quotes/quotes.jsp?s=GC%3D2

ロンドン金市場
http://www.lbma.org.uk/statistics_current.htm

ロンドン金市場のサイトには、1990年以降の価格推移が掲載されています。
各年ごとの最高値と最安値を表にしてみました。

続きを読む »

2008/03/11 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

純金積立への投資を減額します

こんにちは。中田たろうです。

今回は久しぶりに純金積立についてのエントリです。
私は昨年7月から、毎月3万円ずつ、田中貴金属のG&Pプランナーで純金積立を行っています。
年末からNY株の下落が続いていますが、その動きに反比例して、純金の価格が高騰を続けています。
読売新聞のサイトから、ニュースを引用します。

(引用開始)

金価格が国内でも高騰、24年ぶり高値水準
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080109i304.htm

9日の国内の金先物相場もニューヨーク市場に連動する形で高騰し、24年ぶりの高値水準となっている。
東京工業品取引所の取引の中心となる金先物(12月渡し)の9日午前の終値は、前日終値比51円高の1グラム=3148円となり、1984年3月(3179円)以来の高値。
また、田中貴金属工業によると、金の現物の小売価格も9日午前11時30分現在、同97円高の3287円に急騰している。

(2008年1月9日12時32分 読売新聞)

(引用おわり)

この高騰は、実需の増加によるものではなく、投機資金の流入によるものです。
いつになるかはわかりませんが、米国経済の混乱が一段落すれば、相場は元に戻るのではないかと思っています。

続きを読む »

2008/01/11 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

『TANAKAの夏トクキャンペーン』のギフト券が届く

こんにちは。中田たろうです。

私は今年の7月から、田中貴金属の「G&Pプランナー」で純金積立の取り引きを始めました。
そのときに、『TANAKAの夏トクキャンペーン』というのがあって、期間内に新規契約して、一定の取り引き条件を満たした人(普通に取り引きしていればほぼ誰でもOK)へ、3000円相当のギフト券がもらえることになっていました。

そのギフト券3000円分を、昨日、配達記録郵便で受けとりました。

純金価格は、11月中旬以降、3000円をはさんだ狭い範囲で価格が推移しています。
金価格はドル建てでは右肩上がりですが、為替が円高へ推移しているので、円建てでは違う動きになるようです。
純金積立は、毎営業日ごとに一定額分を自動的に積み立ててくれるので、金の値動きに惑わされず、投資を続けることができます。
金は株式や債券とは違う値動きをするので、分散効果があるようです。
今後も少しずつ、金への投資は続けていきます。

2007/11/28 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

金価格の高騰が止まりません

こんにちは。中田たろうです。

私が純金積立を利用している、田中貴金属のウエブサイトを見ると、今月になってから金価格が高騰を続けています。

田中貴金属 月次金価格推移
http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/m-gold.php

メディアでも報じられています。
参考までに、読売新聞の記事のURLは下記の通りです。

金価格、23年ぶりグラム3千円台突破…インフレ懸念で
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20071015i313.htm

ここ数か月の値動きを調べてみました。

続きを読む »

2007/10/17 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

金ETFと純金積立の比較

こんにちは、中田たろうです。

大証に上場した金ETFが気になっています。
私は田中貴金属で純金積立を始めたばかりなので、もし乗り換えるのならば、早い方がよいと思っています。

「金ETFと純金積立の比較を誰かやってくれないか」と待っているのですが、そのようなウエブもブログも見つからないので、自分で調べてみました。

純金積立は数社が扱っています。
私は田中貴金属の「G&Pプランナー」で積み立てを行っています。
http://gp.tanaka.jp/index.html

コストは各社微妙に違いますが、「G&Pプランナー」は年会費、保管料、売却手数料は不要です。
ただし、毎月の積み立て時に、金額に応じて1.5%~5.0%の料率で手数料がかかります。
毎月1万円の積み立ての場合、2.5%で250円の手数料が必要です。
さらに、購入時と売却時の単価に2%強の差があります。
両方を合わせて考えれば、
「売買時の合計で5%程度のコストがかかる」
と言えます。しかし、それ以外のコストは不要です。
純金積立のメリットはドルコスト法により、「損もしないし得もしない」平均的な購入単価になることです。
頻繁に売買するよりも、「バイ&ホールド」の長期保有に向いている料金体系と言えるでしょう。

金ETFは、大証のウエブサイトに情報があります。
http://www.ose.or.jp/stocks/st_et.html

10口単位で売買代金は2万5千円程度です。
売買時のコストは、証券会社の株式売買時の手数料がそのままあてはまります。
信託報酬が年0.525%です。
実績がないのでどの程度かわかりませんが、分配金もあります。
指値注文で売買できるのはメリットです。
金ETFを10年保有すれば5.25%のコストになるので、純金積立と同程度になります。
純金積立と比べれば、どちらかというと長期保有には向いていません。

そもそも「なぜ金に投資するか」ということに疑問を感じている人もいるでしょう。

私は、金に「分散効果」を求めています。

金は株式や債券とは違った値動きをしています。
今週、株安と円高で、私の株式と債券の資産は含み損が約8%になってしまいました。
しかし純金積立の資産は、買取価格で計算すると約5%の含み損でした。
株式や債券より損失は小さいです。

また、老後に生活費として資産を売却するとき、「今は株式も債券も手放したくない」と思えば、金を売るという選択肢ができます。

さらに将来、消費税の増税があれば、株式や債券は手数料がアップしますが、金は税率のアップ分だけ売却価格が高くなります。
つまり、増税の「ヘッジ」ができるわけです。

このような分散効果が期待できるので、純金積立を行っているのです。

私の投資の基本は「バイ&ホールド」ですので、金ETFは見送って、純金積立を続けます。
全資産の1割を、純金積立にしたいと思っています。

このエントリを書いてあらためて思ったのですが、10年以上ホールドする場合、信託報酬が年0.5%程度でも「高い」と感じる数値になります。
投資先の選定は、運用期間に合わせて選択しなければならないことを再認識しました。

続きを読む »

2007/08/17 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

金ETFと純金積立

こんにちは。中田たろうです。

数日前のニュースですが、金ETFについて報じられています。

野村アセット、国内初の金価格連動ETFを大証上場へ
http://www.asahi.com/business/reuters/RTR200707170093.html

私は純金積立も行っているので、金ETFとどちらが得なのか、気になっています。

単純に購入時のコストだけを比較すれば、金ETFの方が有利でしょう。
しかし、信託報酬のことを考えれば、長期保有時には金ETFがコスト安とは言えないようにも思います。
コスト以外にも、比較しなければならない部分があるようにも思います。

金ETFの上場は8月10日です。
その前後で、さまざまな比較記事が書かれるでしょうから、それらをよく読んで、判断したいなと思います。

2007/07/20 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

純金積立

こんにちは、中田たろうです。

私は田中貴金属で純金積立を申し込んでいます。
毎月3万円ずつ積み立てを始めました。
ある程度までつみあがったら、積み立て額を減らす戦略を立てています。

申し込んだのが6月後半で、積み立てが8月から始まるので、7月分としてスポット購入をと思い、昨日、3万円を送金して購入しました。

金購入時の相場は2,739g/円で10.95291gの購入となりました。

約10gの純金は、どれくらいの大きさになるんでしょうか?

ちなみに、ジャパンネット銀行での即時決済を利用したので、振込手数料は52円でした。

純金積立で毎月3万円を積み立てる場合、手数料は2%で600円もします。スポット購入の10倍以上です。
ただし、こちらの場合は1か月の営業日数で割った金額ごとにドルコスト法で自動的に買い付けてくれます。その月の最安値でスポット購入できれば、それが最も得する訳ですが、毎月必ず最安値で買うことはほぼ不可能です。どちらが得かは計りにくいところです。

私の基本は「楽チン投資」なので、細かいことは気にしないで、毎月3万円の純金積立を行っていきます。

それから、純金積立のあまり知られていないメリットを紹介します。
購入時は5%の消費税が取られますが、もし売却時に税率がアップしていれば、その分だけ差益が得られるのです。
仮に税率が10%に上がれば、約5%の利益です。

株や投資信託は、消費税の税率がアップすれば、売買手数料や信託報酬も高くなるのでマイナスですが、純金積立の場合はプラスになるのです。
消費税の増税に対する「リスク分散効果」が得られるように思うのですが、どうでしょうか。

2007/07/06 09:00 | 純金積立&金ETFCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |