中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング


 「中田たろうの投資日記」を
 ご訪問いただいたみなさまへ


このブログは、インデックスファンドの積み立て投資の記録を中心とした、長期投資の実践日記です。

定期預金オンリーでリスク資産への投資とは無縁だった男が、2007年の初夏に「インデックス投資」に目覚め、図書館で借りた書籍やネットで資産運用について学びました。
「低コストのインデックスファンドを超長期のストロングホールド」「追加投資はリスク許容度を厳守しつつ資産状況に応じて機動的に」が基本的な投資スタイルです。
短期や中期での投機的な売買には、まったく興味がありません。

投資のリスク、コスト、リターンの仕組み、税金などは、運用会社や証券会社や税務署へ問い合わせて、自分が納得できるまで徹底的に調べることを自分のポリシーにしています。
投資については分からないことや知らないことがたくさんありますが、それらを調べてブログの記事にまとめる中で、自分の考えが整理され、少しずつ投資方針や投資ポリシーが明確になってきた実感があります。

目標のアセットアロケーションは、国内株式14%、海外株式56%、国内債券18%、REIT2%、純金積立3%、流動性資産(含む生活防衛資金)7%です。
この比率をできる限り維持することを最優先に、毎月ごとに投資戦略を予め決定して、淡々とファンドを買い付けたり、流動性資産を積み増したりしています。
国内外の株式クラスの合計が63~72%の比率を外れたときは、保有資産の売買によるリバランスを実施します。
個人型DCやNISAの活用、ゼロクーポン債への投資(2015年まで)など、運用では「節税」も強く意識しています。

株式クラスは、国内株式は東証上場のETF、外国株式は米国ETFを保有、購入しています。
以前はインデックス投信を積み立ててからETFへのリレー投資をしていましたが、NISA口座では取引手数料ゼロで米国ETFが購入できるので、今は積み立てもリレー投資もしないで、米国ETFを購入しています。
海外債券クラスでは、長期ゼロクーポン債中心に投資していましたが、2016年からの税制改正で「ほぼ撤退」しました。
国内債券クラスは、10年国債へ投資しています。

私の目標は、「80歳までブログと資産運用を継続すること」です。
「投資のリターンは自分ではコントロールできない」「リタイア時のリターンがマイナス50%でも許容する」と割り切っています。
「長期運用の結果、お金が増えていればラッキー、運悪く減ってしまったときはそれなりのリタイア生活でOK」と、「運用結果」に対してはかなり気楽に考えています。

繰り返しますが、このブログは、(1)積み立て投資の記録と、(2)ブログを通して投資に関する自分の考えを整理することを目的とした、正直に言えば「自己満足が第一」のブログです。
やや偏った主観的な意見を、ストレートに書くことがたまにありますが、それは「あえて万人受けしないブログにしよう」と意図したものであったりします。
そんなブログですが、興味のある方はおつきあいください。

<2010年12月9日に記す。2013年4月7日・2014年1月7日・2015年5月15日・2015年7月6日・2015年10月20日・2016年8月28日に一部修正>

17年2月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

ここしばらく株高が続いているため、資産状況のモニタリング以外に、私は資産運用でやることがほとんどありません。
株価が下がるまで、流動性資産をしっかりと蓄えて、何もしないでほったらかしにします。

さて、2月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年2月28日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.4%+0.10円+1.2%+1.7%+29.7%
2海外株式49.7%+0.423,000円+2.5%+2.1%+65.6%
3国内債券17.4%-0.20円±0%-0.1%+1.4%
4海外債券0.3%±00円+1.3%+51.8%+90.3%
5REIT1.8%±00円+2.0%-0.4%+122.3%
6純金積立2.9%+0.110,250円+3.5%+4.1%+21.6%
投資合計84.5%+0.433,250円+1.7%+0.9%+54.1%
7流動性資産15.5%-0.4
総計100%

2月の月間リターンはわずかにプラスで、年初来でもプラスになりました。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本19.9%12.4%
米国44.7%27.7%
日米以外の先進国24.4%15.1%
エマージング11.0%6.8%
合計100%62.0%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/03/07 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

所得税の還付金が銀行口座へ入金されました

こんにちは。中田たろうです。

早いもので2017年も2か月が過ぎて、今日から3月ですね。
少しずつ春の訪れを感じるようになる季節ですが、同時に花粉症もたいへんになってきます。
私は昨年までは「軽症」で済んでいて、今年はまだ症状が出ていないのですが、これからどうなるでしょうか。

さて、先日、確定申告による所得税の還付金が銀行口座へ入金されました。

続きを読む »

2017/03/01 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

どの低コストファンドを選ぶのか

こんにちは。中田たろうです。

私は10年前にリスク資産への投資を始めた当初から、外国株式クラスへの投資では米国ETFを使っています。
インデックス投信に比べると保有コストの低さがかつては大きな魅力でした。

しかし、この1~2年で、複数の超低コストの外国株式インデックス投信が相次いで一般販売されました。
先進国株式インデックス投信の信託報酬(年率。税抜)は、ニッセイとeMAXIS Slimの2銘柄が0.2%、大和のiFreeが0.21%、たわらが0.225%です。
コスト面での米国ETFの優位性は相対的に低くなりました。

米国ETFは、売買注文や、外国税額控除の確定申告など、インデックス投信に比べると管理の手間がちょっと面倒です。
これから新規にインデックス投資を始めるならば、米国ETFを使わなくてもいいんじゃないか、とも思っています。

続きを読む »

2017/02/23 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

図書館の利用者カードを新規作成

こんにちは。中田たろうです。

先日、自宅から徒歩20分弱にある図書館へ行って、利用者カードを新しく作りました。
リスク資産への投資を開始してから、今年で満10年になるのですが、投資関係の書籍を中心に借りて読み、自分の知識を整理したいと思っています。

続きを読む »

2017/02/16 09:00 | 投資についての雑感COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2016年分の確定申告書を郵送提出

こんにちは。中田たろうです。

先月から2016年分の確定申告の準備をすすめていましたが、先日、申告書を郵送提出しました。
当初は、低コストの米国ETFへの乗り換えのために売却したファンドの収益があったので、今年の確定申告では税金を納付することになるだろうと思っていました。
しかし、外国税額控除などと合わせて計算すると、今回は還付申告となりました。
還付申告であれば、確定申告の受付開始となる2月16日以前でも申告書の提出ができます。
そこで、先日、郵送で提出を済ませました。

続きを読む »

2017/02/09 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年1月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

2月は確定申告の季節です。
私はサラリーマンで、基本的には年末調整で課税関係は完結しますが、米国ETFの外国税額控除など、毎年ごとに確定申告を行っています。
前回のエントリで、その準備をすすめていることにふれました。
今、申告書の作成をすすめていますが、2016年分は還付申告になりそうです。
そのことは、次回のエントリで報告したいと思っています。

さて、1月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年1月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
昨年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.2%-0.10円+0.5%-2.7%+28.2%
2海外株式49.2%-0.423,000円-0.4%+0.9%+61.6%
3国内債券17.7%+0.8500,000円-0.1%±0%+1.4%
4海外債券0.3%-0.5(2,138.13米ドル)+49.8%+56.7%+87.8%
5REIT1.8%±00円-1.6%-2.3%+117.9%
6純金積立2.8%±03,105円+0.6%+4.2%+17.4%
投資合計84.0%-0.2526,105円-0.8%-0.5%+51.5%
7流動性資産16.0%+0.2
総計100%

1月は、結果的にはリターンに大きな変動はありませんでした。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本19.9%12.2%
米国44.1%27.1%
日米以外の先進国25.0%15.4%
エマージング11.0%6.7%
合計100%61.4%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/02/03 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2016年分の確定申告を準備開始

こんにちは。中田たろうです。

米国NYダウが初の2万ドル台になりました。
ナスダック、S&P500も過去最高値を更新しています。
米国株式は好調で、私が保有しているETFのVTIは、買値から2倍以上に値上がりしました。

株式は成長と調整を繰り返します。
いつになるかは分かりませんが、いずれ下り坂を迎えるときがあるでしょう。
追加投資はしばらくお休みして、買い物の好機が来るまでじっくり待ちます。
購入済みの資産はストロングホールドです。

さて、確定申告の時期が近付いてきました。
2016年分の所得税の確定申告は、申告書の受付期間が2月16日(木)から3月15日までです。
還付申告の場合は、2月15日以前でも申告できます。

昨年の取り引きでは、SMT新興国株式インデックス・オープン、EXE-iグローバル中小型株式ファンド、KODEX200などから米国ETFへ乗り換えたときの売却益や、毎年行っている米国ETFの分配金の外国税額控除の申告などがあります。
先日、最寄りの税務署から申告用の書類を持ち帰って、記入を始めました。

続きを読む »

2017/01/26 09:00 | 確定申告・外国税額控除COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

米ドルMMFを113円台で外貨決済売却

こんにちは。中田たろうです。

先月、下記のエントリで報告したように、米ドルMMFを購入しました。

 2016/12/20 「米ドルMMFを118円台で外貨決済購入」
 http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-920.html

今週、ドル円相場が円高になったので、この米ドルMMFを外貨決済で売却して、ねらい通りに為替差損が生じました。

続きを読む »

2017/01/19 09:00 | 投資日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2017年の投資戦略

こんにちは。中田たろうです。

昨年末から株式相場は比較的好調な感じです。
株式や投資信託でリスク資産を運用されている方の多くが、資産が増えているのではないでしょうか。
こういうときこそ、自分のアセットアロケーションがリスク許容度の範囲に収まっているかどうか、リスクを取りすぎていないか、ていねいに確認をしたいですね。

さて、2017年の投資戦略をどうするか、今年もエントリーとしてまとめてみました。

昨年までと同じく、「アセットアロケーションを目標比率に保つ」ことを第一に、追加投資でアセットクラスごとの比率調整(リバランス)を行うという大方針は、これまでと変わりません。
追加投資では、個人型DC、そしてNISA口座を最大限に活用します。

続きを読む »

2017/01/12 09:00 | 今月の投資戦略COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

16年12月末の資産状況

こんにちは、中田たろうです。

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

一昨日、帰省先から自宅へ帰りました。
マイレージの無料航空券を使って旅費を安く済ませることができました。
毎年恒例ですが、帰省の移動中にちょっと遠回りして、年末と年始にそれぞれ温泉へ立ち寄りました。
身体も心もすっきりです。

まず、昨年の投資状況をふりかえってみます。
分配金の再投資や低コスト商品への乗り換え等を除いた年間の追加投資額は、

 国内株式 230,187円(全額がTOPIX連動ETFへ)
 海外株式 274,908円(全額が個人型DC)
 国内債券 800,000円(全額が個人向け国債・変動10年)
 REIT 30,000円(インデックス投信を購入)
 純金積立 71,900円

上記の合計が約140万円です。
さらに、流動性資産の総額が1年前から約130万円も増えています。
1年間のトータルでは270万円強が、給与収入から貯蓄と投資へ充てた「純増分」になります。
今年は、自己投資や生活の質を削らない範囲でもう少し節約を心がけて、この金額を増やしたいです。

さて、昨年12月末の資産状況を報告します。

 (表1)2016年12月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.4%-0.10円+3.6%-3.3%+27.5%
2海外株式49.6%-0.123,000円+3.3%+1.3%+62.2%
3国内債券16.9%-0.70円0%+0.1%+1.4%
4海外債券0.8%+0.4(2,138.13米ドル)-34.9%+4.6%+25.4%
5REIT1.9%±00円+5.1%-0.7%+121.4%
6純金積立2.8%-0.13,105円+1.3%+3.7%+16.8%
投資合計84.3%-0.426,105円+3.2%+0.3%+52.8%
7流動性資産15.7%+0.4
総計100%

2016年の1年間のリターンはプラス0.3%で、いろいろありましたが結局はほぼゼロリターンでした。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本20.0%12.4%
米国44.6%27.7%
日米以外の先進国24.6%15.3%
エマージング10.8%6.7%
合計100%62.0%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/01/06 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»