中田たろうの投資日記 ブログパーツ アクセスランキング


 「中田たろうの投資日記」を
 ご訪問いただいたみなさまへ


このブログは、インデックスファンドの積み立て投資の記録を中心とした、長期投資の実践日記です。

定期預金オンリーでリスク資産への投資とは無縁だった男が、2007年の初夏に「インデックス投資」に目覚め、図書館で借りた書籍やネットで資産運用について学びました。
「低コストのインデックスファンドを超長期のストロングホールド」「追加投資はリスク許容度を厳守しつつ資産状況に応じて機動的に」が基本的な投資スタイルです。
短期や中期での投機的な売買には、まったく興味がありません。

投資のリスク、コスト、リターンの仕組み、税金などは、運用会社や証券会社や税務署へ問い合わせて、自分が納得できるまで徹底的に調べることを自分のポリシーにしています。
投資については分からないことや知らないことがたくさんありますが、それらを調べてブログの記事にまとめる中で、自分の考えが整理され、少しずつ投資方針や投資ポリシーが明確になってきた実感があります。

目標のアセットアロケーションは、国内株式14%、海外株式56%、国内債券18%、REIT2%、純金積立3%、流動性資産(含む生活防衛資金)7%です。
この比率をできる限り維持することを最優先に、毎月ごとに投資戦略を予め決定して、淡々とファンドを買い付けたり、流動性資産を積み増したりしています。
国内外の株式クラスの合計が63~72%の比率を外れたときは、保有資産の売買によるリバランスを実施します。
個人型DCやNISAの活用、ゼロクーポン債への投資(2015年まで)など、運用では「節税」も強く意識しています。

株式クラスは、国内株式は東証上場のETF、外国株式は米国ETFを保有、購入しています。
以前はインデックス投信を積み立ててからETFへのリレー投資をしていましたが、NISA口座では取引手数料ゼロで米国ETFが購入できるので、今は積み立てもリレー投資もしないで、米国ETFを購入しています。
海外債券クラスでは、長期ゼロクーポン債中心に投資していましたが、2016年からの税制改正で「ほぼ撤退」しました。
国内債券クラスは、10年国債へ投資しています。

私の目標は、「80歳までブログと資産運用を継続すること」です。
「投資のリターンは自分ではコントロールできない」「リタイア時のリターンがマイナス50%でも許容する」と割り切っています。
「長期運用の結果、お金が増えていればラッキー、運悪く減ってしまったときはそれなりのリタイア生活でOK」と、「運用結果」に対してはかなり気楽に考えています。

繰り返しますが、このブログは、(1)積み立て投資の記録と、(2)ブログを通して投資に関する自分の考えを整理することを目的とした、正直に言えば「自己満足が第一」のブログです。
やや偏った主観的な意見を、ストレートに書くことがたまにありますが、それは「あえて万人受けしないブログにしよう」と意図したものであったりします。
そんなブログですが、興味のある方はおつきあいください。

<2010年12月9日に記す。2013年4月7日・2014年1月7日・2015年5月15日・2015年7月6日・2015年10月20日・2016年8月28日に一部修正>

4年ぶりに国内REITインデックス投信を追加購入

こんにちは。中田たろうです。

先週、4年ぶりに国内REITインデックス投信の「eMAXIS国内リートインデックス」を追加購入しました。

続きを読む »

2017/07/21 09:00 | 投資日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

NISA口座での利益確定を検討中

こんにちは。中田たろうです。

2014年から始まったNISAですが、これをどう活用するか、「買い」よりも「売り」の判断の方が難しいと思っています。
NISA口座で購入した資産を、5年間ホールドするか。あるいは値上がりしたらさっさと利益確定するか。
どちらが正しいのか、間違っているのか、事前には誰にも分かりません。
自己責任で投資判断するしかありません。

続きを読む »

2017/07/12 09:00 | NISACOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年6月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

先月は、個人型DC口座のインデックス投信を売却して、ほぼ同額の米国ETFを購入する「リレー投資」を実行しました。
そのときに、国内株式と米国以外先進国株式のETFであるVEAへのリレーをやや厚め、米国株式のETFであるVTIをやや薄めに購入しました。
そして、ボーナスが入りました。
それらによって、資産状況がわずかに変化しました。

 (表1)2017年6月30日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式13.1%+0.718,981円+0.3%+6.3%+35.6%
2海外株式48.6%-1.20円-5.8%-1.5%+59.7%
3国内債券16.6%-0.40円±0%-0.1%+1.4%
4海外債券0.3%±00円+1.1%+54.4%+93.5%
5REIT1.7%±00円+1.0%-1.7%+117.8%
6純金積立2.8%-0.110,250円-0.3%+2.4%+19.6%
投資合計83.0%-1.029,231円+0.6%+3.3%+57.8%
7流動性資産17.0%+1.0
総計100%

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本21.2%13.1%
米国39.2%24.2%
日米以外の先進国27.9%17.2%
エマージング11.6%7.2%
合計100%61.7%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/07/05 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ブログ開設10周年です

こんにちは。中田たろうです。

今日、「中田たろうの投資日記」がブログ開設10周年になりました。
この10年間、健康に生活できて、資産形成が順調にすすんでいることに感謝します。

続きを読む »

2017/06/26 09:00 | このブログについてCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

個人型DC口座を手数料の安い金融機関へ移換するときに

こんにちは。中田たろうです。

前回のエントリで、個人型DC口座のインデックス投信から米国ETFへリレーを行ったことを報告しました。
リレーの実行後、個人型DC口座を琉球銀行からSBI証券へ移換する手続きをすすめています。

個人型DCで口座を移換するときは、一旦、すべての資産を預金にする必要があります。
移換手続き中に株式相場が急騰すると、得られるはずのリターンを逃してしまうリスクがあります。
個人型DC口座のインデックス投信から米国ETFへリレーを行ったのは、そのリスクを回避することも目的の一つでした。

続きを読む »

2017/06/19 09:00 | 個人型確定拠出年金(401k)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

個人型DC口座のインデックス投信から米国ETFへのリレーを実行

こんにちは。中田たろうです。

今週、個人型DC口座のインデックス投信から米国ETFへ、リレーを実行しました。

1)個人型DCのインデックス投信でも保有コストは十分に低いが、より低コストな米国ETFへ資産をリレーする
2)株式クラスの地域配分リバランス
3)株価が高いときに非課税口座から課税口座へリレーすることで、将来の税金を減らすことができる可能性が高い
4)個人型DC口座の資産をすべて元本確保型商品にすることで、運営管理手数料がより低い口座への変更をやりやすくする

上記4つが今回の目的です。
取り引きの経過を記録します。

続きを読む »

2017/06/10 09:00 | ETFへのリレーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年5月末の資産状況

こんにちは。中田たろうです。

国内外の株式市場は好調のようですが、このタイミングで、非課税の個人型DC口座から課税口座の米国ETFへ、リレーを実行する準備をすすめています。
このリレーによって、いくつかのメリットが得られる可能性が高くなると考えています。
詳しくは、リレーの実行後に報告します。

さて、今年7月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年5月31日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.4%+0.10円+2.5%+6.1%+35.3%
2海外株式49.8%+0.123,000円+1.2%+4.5%+69.6%
3国内債券17.0%-0.20円±0%-0.1%+1.4%
4海外債券0.3%±00円+0.4%+52.6%+91.3%
5REIT1.7%±00円-0.6%-2.7%+115.5%
6純金積立2.8%-0.110,250円-1.5%+2.7%+20.0%
投資合計84.0%±033,250円+0.9%+2.7%+56.9%
7流動性資産16.0%±0
総計100%

5月の月間リターンはプラス0.9%で、わずかなプラスでした。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本19.9%12.4%
米国43.5%27.0%
日米以外の先進国25.5%15.8%
エマージング11.2%7.0%
合計100%62.2%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/06/04 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

保有しているETFの経費率を再確認

こんにちは。中田たろうです。

4月末に、バンガード社が米国ETF等の経費率改定のお知らせを発表しました。

 2017年バンガードETF™・米国籍投信経費率改定のお知らせ
 https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/articles/news-from-vanguard/new-expenseratio-2017.htm

上記を確認すると、私が保有しているバンガード社のETF4銘柄(VTI、VEA、VWO、VSS)のすべてで、経費率が下がっています。
サテライト的に少額を投資している「バンガード・スモール・キャップ・インデックス・ファンド」も、同じく下がりました。
バンガード社には大感謝です。

この改定によって、私が保有しているETFの経費率が加重平均でどうなったかを確認してみました。

続きを読む »

2017/05/22 09:00 | ETF・インデックスファンドCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

17年4月末の資産状況

こんにちは、中田たろうです。

私の仕事は、一般の人が休みのときが繁忙期で、一般の人が忙しいときは閑散期のことが多いです。
今年もゴールデンウイークは本業で忙しくしていて、休みは2日間だけでした。
私は人混みと行列が何よりも嫌いで、人が少ない平日に外出して、自分のペースでゆっくりするのが好きなので、とても好都合なのです。

さて、4月末の資産状況を報告します。

 (表1)2017年4月30日の資産状況(2007年6月から投資を開始)
アセット
クラス
割合前月比当月投資額当月
騰落率
年初来
騰落率
通算
騰落率
1国内株式12.2%-0.10円+1.7%+3.5%+32.0%
2海外株式49.7%+0.223,000円+1.3%+3.3%+67.6%
3国内債券17.2%-0.20円±0%-0.1%+1.4%
4海外債券0.3%±00円+1.6%+52.1%+90.6%
5REIT1.8%±00円+0.2%-2.0%+117.0%
6純金積立2.9%±010,250円+1.7%+4.3%+21.8%
投資合計84.0%-0.133,250円+1.1%+1.7%+55.4%
7流動性資産16.0%+0.1
総計100%

月間ではプラス1.1%のプラスで微増です。

さらに、株式クラスの地域別保有割合も報告します。

 (表2)株式クラスの地域別保有割合(ETFとファンドの合計)
地域株式クラス
での割合
全資産の中
での割合
日本19.8%12.2%
米国43.9%27.2%
日米以外の先進国25.1%15.5%
エマージング11.3%7.0%
合計100%61.9%

以下、それぞれのアセットクラスごとに細かな状況を書きます。

続きを読む »

2017/05/10 09:00 | 資産状況COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

金融資産の総額が5倍になりました

こんにちは。中田たろうです。

私がインデックス投資を始めたのは2017年7月です。
それから10年弱で、資産総額(預貯金などの無リスク資産を含む)が5倍になりました。

続きを読む »

2017/05/02 09:00 | 投資についての雑感COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»